カテゴリー別アーカイブ: 留学の路コラム

【MBA出願】:準備プロセスの折り返し地点を迎えるにあたり

これまでの学生生活、社会人生活を通じて蓄積してきた経験を整理する作業がレジュメの作成です。過去の達成した事柄から(自らが成果を出し続けるための)成功の原理を探していきます。
こうした一連の作業を言葉で書面に書き残していく作業が大切です。

6月に入り、受験生の気持ちには「そろそろ、TOEFLやIELTSのスコアを揃えなければ」といった気持ちが芽生え始める頃ではないかと察します。いつしか、そうした気持ちが焦りとなり、やるべきことに集中できず、出願作業が滞るケースを目にします。

今、自分がやらなければならないことをもう一度確認し、(出願準備の)後半戦を迎えましょう。

FT’s 2018 Global MBA Rankings

Financial TimesのMBAランキング2018が先日発表され、1位の座にはStafordが返り咲きました。
各種ランキングには独自の算出方法があります(以下のurlをご参照ください)が、大きな要因には卒業後における給与の向上が挙げられます。

The FT surveys alumni three years after completing their MBA. For schools to enter the ranking calculations, the FT requires that a minimum of 20 per cent of alumni reply to the survey, with at least 20 fully completed responses. About 8,300 from the class of 2014 completed our survey — a response rate of 38 per cent.
https://www.ft.com/content/1bf3c442-0064-11e8-9650-9c0ad2d7c5b5

1. Stanford Graduate School of Business
2. INSEAD
3. University of Pennsylvania (Wharton)
4. London Business School
5. Harvard Business School
6. University of Chicago (Booth)
7. Columbia University
8. China European International Business School (CEIBS)
9. MIT (Sloan)
10. University of California, Berkeley (Haas)
11. IESE
12. Northwestern University (Kellogg)
13. University of Cambridage (Judge)
14. HKUST Business School
15. Yale University
16. Dartmouth College (Tuck)
17. Cornell University (Johnson)
18. National University of Singapore
19. Duke University (Fuqua)
20. ESADE

学校調査を開始する際の有効なツールとしてランキングを用いるケースを多く見ますが、各種ランキングの算出方法を把握された上でご活用ください。

Dual-Degree Programs for Globally Minded Students

今秋より、アメリカ、カナダ、中国、そしてフランスの名門ビジネススクールによるdual-dregree programがスタートしました。より多くの国際経験を得る機会になるかもしれません。

This fall, five top business schools are launching the M2M, a portfolio of double degrees giving recent university graduates the opportunity to complete two master’s degrees by attending two top business schools in two different countries over two years.

This initiative is an effort by leading business schools on multiple continents to meet the demands of a globalized economy and provide future business leaders with a distinctive learning experience that will accelerate their careers.

http://www.hec.edu/News-Room/Press-Releases/Five-Top-Business-Schools-Announce-a-Portfolio-of-Dual-Degree-Master-s-Programs-for-Ambitious-Globally-Minded-Students

The M2M programs are a collaboration among five schools: FGV Escola de Administração de Empresas de São Paulo, HEC Paris, Hong Kong University of Science and Technology Business School (HKUST), Sauder School of Business University of British Columbia, and the Yale School of Management (Yale SOM).

The five participating schools are all members of the Global Network for Advanced Management, a network of top business schools committed to educating global leaders through collaboration and innovation.

Six M2M double degrees are available as of September 2017 for student applications: FGV-Yale, HEC-FGV, HEC-HKUST, HEC-Yale, HKUST-Yale, and Sauder-Yale. After they complete both academic years, students will graduate with two master’s degrees, one from each school they attended. Graduates will be alumni of both schools and will have access to the schools’ career resources.

This innovative program gives ambitious students an unparalleled advantage by grounding them in the distinctive academic cultures and approaches of two top business schools in different countries, while preparing them for global roles. Students get the chance to study alongside peers from all continents with diverse experiences. They will benefit from curricular and extracurricular collaborations among the schools, highly personalized career services, and the networks of two global business schools.

David Bach, Deputy Dean at Yale SOM, says that the M2M is all about choice: “Whatever pathway students choose, young leaders who are interested in having impact throughout their careers will quickly develop skills that set them apart in the global marketplace, while building a deep network of like-minded peers around the world. The world needs more globally minded leaders, not fewer, and with this initiative we seek to positively impact organizations confronting challenging issues at the nexus of business and society.”

Peter Todd, Dean of HEC Paris, says, “The innovation here is to go to the market with a range of world class academic partners sharing joint admission processes and aiming at recruiting together a significant number of students. We are convinced that this offer meets the demand of growing numbers of extremely talented and globally-mobile students who target prestigious double degree programs as passports for international careers.”

For more information, please visit: http://www.hec.edu/Masters-programs/Communication/Landing-Pages/M2M-Progra

米MBAに留学生離れ、トランプ氏が原因と教育団体 <日経新聞記事より>

以下、日本経済新聞へのの掲載記事(Financial Times記事日本語訳版)を紹介致します。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H1G_Z10C17A9000000/

米国で海外からの出願者数が減る経営大学院が増えているのは、ドナルド・トランプ氏が米大統領になったことが原因だと、経営大学院の入学適性試験「GMAT」を世界的に実施する米非営利団体、GMACのトップが語った。

GMACによると、米国では今年、海外からの出願者が増えた経営大学院は全体の32%にとどまった。昨年の49%から低下し、大半の経営大学院で減少となった。

国内外合計の出願者数が増加した経営大学院も全体の半数に満たなかった。だが、これは米景気の好転が原因で、就職を有利にするための資格にお金を使う動機づけが弱まったからだと、GMACは指摘する。

■欧州などでは出願増

対照的に欧州や東アジア、東南アジア、インドの大半の経営大学院では、全体の出願者数も国外からの出願者数も増えている。

GMACのサンギート・チョウフラ社長兼最高経営責任者(CEO)は、米国の「破壊的な」政治情勢が海外からの出願の減少傾向につながっていると指摘。米国での困難な状況は、経営学修士(MBA)プログラムが「活況を呈する」他の国々と全く対照的だとも述べた。

英国では約3分の2の経営大学院で海外からの出願が増えており、予定される欧州連合(EU)からの離脱がトランプ氏の米大統領選出と同様の悪影響をもたらしてはいないことがうかがえると、同氏は言う。

「大学院でのビジネス教育の需要は相変わらず強い。それが特に顕著なのは、ブランド力があって最上級の知名度を持つような大規模な経営大学院だ」

米国での需要低下は、MBAプログラムの56%を占めながら学生数では11%にすぎない小規模な経営大学院に集中している。

米国の大規模な経営大学院は出願者数が増勢を示す傾向にある。

離職して学ぶ学生は費用と時間を最小限に抑えるために短期間での修了を迫られるという事情も、ブランド力があるとともに期間の短いMBAプログラムに志望者を向かわせる結果になっている。

米国では大半のMBAプログラムが2年間なのに対し、1年間のプログラムが大半を占める欧州では昨年、67%の経営大学院で海外からの出願者数が増加した。

その一例が、海外からのMBA出願数が25%増加した英ノッティンガム・トレント大だ。

EU離脱が現実になれば、志願者数は減るかもしれない。だが、同大のフィル・コンシダイン主任講師は、英国の経営大学院の需要は英国のビジネス環境の国際的評価の恩恵を受け続けるはずだと語る。

「EU離脱は明らかに試練になる」と、コンシダイン氏は言う。「だが、そのプロセスが終われば、高く評価されているビジネス環境の公平性から、海外の学生がまたこの国に来て学びたがると私は本当に信じている」

By Jonathan Moules

(2017年9月19日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

IELTS年間受験者数が300万人を突破

IELTSの受験者数増加のニュースです。
http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201709125599/

【東京2017年9月11日PR Newswire】IELTS(アイエルツ)の昨年の受験者数が、留学や移住の際に利用できる国際的な英語運用能力試験の高まる重要性をうけて、300万人を突破しました。

IELTSは、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、英国への留学・移住を目的とした英語力を評価する試験です。オーストラリアと英国の全大学、米国の主要機関を含む、世界約10,000以上の教育機関、企業、移民局等がIELTSを採用しています。

1989年に開始されたIELTSは、ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTSオーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構により共同運営されており、今や世界中で広く知られているテストです。

IDP:IELTSオーストラリア代表のウォーリック・フリーランドは、「IELTSは、毎年何百万人という受験者の道を開き、英語圏への留学や移住、英語の重要性が高まる専門分野で活躍するための手助けをしています」と述べています。

IELTSの成功の鍵は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4技能を評価する高品質な試験形式にあります。また、英国とオーストラリアに熱心なリサーチチームがいること、世界140か国以上のセンターで試験が運営されていることも、成功の一因です。

ブリティッシュ・カウンシルのIELTS部門責任者ジェームス・シップトンは「受験者に支持されているテストであること、そして、様々な機関が英語のコミュニケーション力を測る指標としてIELTSを信頼してくださっていることが、世界中でのIELTSの成長を支えています。」と述べています。

お問い合わせ先:
James Keegan, ブリティッシュ・カウンシル – james.keegan@britishcouncil.org
Gracie Daniel, IDP:IELTSオーストラリア – gracie.daniel@idp.com
Steve McKenna, ケンブリッジ大学英語検定機構 – mckenna.s@cambridgeenglish.org

エッセイ(Essay)の対策準備

Essayを作り上げるための10のコツがEconomistサイトにて紹介されております。各tipsに当方のコメントを書き添えながら、こちらの情報を皆さんと共有したいと思います。
http://www.economist.com/whichmba/ten-tips-for-perfectly-pitched-essays

1 As soon as you know that you are going to apply to business school, you can start to prepare in a low-stress way. Keep a notebook and jot down anything interesting that comes to mind. An inspiring lecture, a disappointing performance review, an enlightening conversation with a friend, a travel experience, running a marathon, a stimulating book—all of these can be terrific material for your essays. Don’t agonise over whether it will make a great topic, just jot it down. You will find that you quickly have a plethora of material to choose from.
⇒とにもかくにも、まずはブレインストーミングを実施することからスタートしてはいかがでしょうか。そして、ノートに自分の考え等を書き出してみる作業を通じて頭の中が整理されることも多々あります。「何から手を付ければ良いか?」という方にお勧めです。

2 As you begin to approach essay-writing time, consider putting together a “brag sheet”. Write down all of the things about you that would not necessarily appear on a résumé: languages you speak, all extracurricular involvements, family traditions and more. This can also be mined for essay content.
⇒Resumeを作る際には主に”Professional”, “Education”, ”Additional(課外活動等を記載するパート)”の項目欄を設定します。上述のFamily Traditionsに関しては、自分がどういった環境で育ってきたか?生活環境の(自らの)人格形成に対する影響(つながり)とを確認されてはいかがでしょうか。

3 Once you have the essay questions in hand, there may still be a few stumpers. Even with lots of content, when you are faced with answering a question such as “What matters most to you?” it is difficult to decide.
⇒”What the matters most to you”(エッセイ課題)への回答を書き纏めるには相応の時間を要します。この類の課題から着手することはお勧め致しません。まずは、Career Goal型のエッセイ課題より始めてはいかがでしょうか(以下の質問に対する自分の回答を書き出してみましょう)。

・Why attend a particular business school?
・What are your short-term and long-term goals?
・Why do you want an MBA?
・How will you contribute to this program?

4 Before you actually write the essays, take the final step of mapping out the general topics you will cover in each essay. As you map a topic to a question, check it off on a master list of stories you want to cover. This way, you can make sure that a given school is receiving all of your key stories, and that you are spreading out different stories across an application and not being repetitive.
⇒最も多くみられるミスは、「エッセイ課題に回答していない」ことです。たとえば、Professional Career Goalsを述べなければならないにも関わらず、個人的な目標(Personal Goals)へ言及する。または、そのGoalsを設定するに至った背景事情を長々と書き足してしまうケース(各エッセイ課題は字数が制限されていますのでご注意ください)。各課題で問われていることへ直接的な回答を書き述べていきましょう。

5 Everyone works in different ways: some work best first thing in the morning, others are night owls. Some need to outline concepts on paper, others go straight to computer. So develop a plan that supports your individual style. Many find that the first application can take around 40 hours of work—brainstorming, drafting, editing, refining. As you approach this process, make sure you have the time. Tackle one application at a go. Do not take work leave or attempt it in a single week. Essays require time to gel. Therefore make sure that you have plenty of time to do it right. You may require six weeks, or you may even want 12.
⇒エッセイを書く際には「纏まった時間」を要するという声が多く聞こえてきます。数週間単位で確保した休日をエッセイの作成に充当し、一気に仕上げる受験生もいれば、日々一定の時間を確保し、継続して作業を進める方々もおります。

6 Many applicants are inhibited by perfectionism. They can sit at the computer for hours, unable to generate that “perfect” essay, rewriting so furiously that they don’t get past the first few sentences. It is often easier to edit than to write. So just type. A page full of so-so text is less intimidating than that blank page.

7 It is essential that you research your target schools and understand how to appeal to each of them. Each will have a slightly different ethos and look for something different in their students. But…
⇒学校研究(調査)の成果は出願用エッセイ、そして面接での発言として用います。まずは、どの程度まで調査すべきか(その程度を)把握しておきましょう。

8 …you can also save yourself a bit of work. There are certain qualities that all business schools want to see in a successful applicant:

  • leadership
  • team skills
  • ethics
  • communication skills

Just saying “I am a strong leader” is not enough. Every claim you make must have supporting stories that help the reader believe you. You do not need to check off every quality on the list. Select a few that apply to you and reinforce those in an honest and compelling way.
⇒上記のstoriesは別名anecdotesとも呼びます。こうした具体的な実例を述べない限り、どれだけ形容詞を並べたとしても、自分が伝えたい自分像をAdmissions Officerと共有することは叶いません。

9 Nobody is perfect. The schools know this and you need to show them that you are realistic and self-aware. Revealing your humanity—in the form of quirks, weaknesses and flaws—can often help the admissions committee to like you. A story about how you learned from a failure, improved upon a weakness or struggled with challenges can be compelling. The other side of this is the ability to demonstrate that you can really benefit from the MBA degree. If you know everything already, an admissions committee may wonder why you want to return to school.
⇒上記に関連する以下の質問への回答を書き出してみましょう。

  • What are your strengths and weaknesses?
  • What is your biggest accomplishment?
  • What is your biggest regret?
  • How have you failed in the past?

Failure (失敗経験)について言及する際にも、自分が置かれた状況下におけるFailureの定義、どうしてFailureが起こったのか?(経緯と分析)、そしてそのFailureから得たこと、その経験を今の仕事にどう生かしているか?(過去の経験を応用)といった側面を書き出すよう注力してください。

10 Get some help. Even the most meticulous writers benefit from a second or third set of eyes. Ask someone to review your essays, look for typos and tell you if you are hitting all of the points in the right way. Is your attempt at humour coming off correctly? Do you seem too humble, too cocky, too serious, not serious enough? After you have been buried with your essays for weeks, a fresh perspective can often help you see the application as an admissions-committee member does: for the first time. Enlist someone who knows about the application process and make sure they are not just reassuring you that all is well, but are actually giving you some quality feedback.
⇒一人で考える時間も大切ですが、時として第三者の意見を取り入れてみることも必要ではないでしょうか。上記でも”Fresh perspective”と述べられています。互いに意見交換をするプロセスを通して、新たな気づき発見等の機会を提供できるよう、私も相談者からの依頼と日々向き合っております。

レジュメやエッセイの対策準備に向けて

5月3日(祝)にはEd義塾との共同セミナーを4年ぶりに開催することに、プレゼンターとしても楽しみにしております。当日は、当方が主にMBA出願準備を効率的に進めていく上での注意事項等を中心にお話しさせていただき、Ed Leeさんが出願書類の作成ポイントを解説してくださいます。

本日はこの場を通じて、私からも数点レジュメやエッセイ(キャリアゴール型エッセイ)を作成する際の注意点を皆さんと共有したいと思います。

◆レジュメ
レジュメを作る際には、アピール度の濃いリーダーシップを発揮した業績(Results)が並んでいることは望ましいとされます。その一方で、その業績を達成する過程で、自らの関わり度合いを表現することが大切ですので、(社内・社外)関係者との協働作業の様子も描き出さなければなりません。レジュメのドラフト作成過程では、led (Power Verb)から始まり、自分の関わり度合いが述べられることなくResultへつながってしまうケースも多々見られます。

◆キャリアゴール型エッセイの作成プロセス(例)

1)    短期目標-中期目標―長期目標を書きだしてみる(勤務先名や仕事内容もリストアップする)

2)    1)の目標を達成することにより、関係者(組織)へ与える効果について

3)    特にポストMBAの就職希望先(同企業の事業内容等)に関する調査
→自らが目指すポストMBAの業界に対して精通しているイメージを与えなければなりませんので、そのためにも、可能な範囲で必要な情報を入手するよう努めましょう。

4)   上記1)にて挙げた各目標を目指すに至った「動機」を考える。キャリアゴール型エッセイでは、特に短期目標を達成するため、これまで用意周到に準備をしてきた様子を読み取らせます(個々の動機は、十分な準備に裏打ちされた背景に存在するというAdmissions側の考えに呼応させます)
→また、Post MBAのキャリアで新たな産業へと転身する際は、直面するであろうチャレンジングな事を示し、それを乗り越える決意を文面から読み取らせることで、自らの成熟度合(maturity)をアピールすることにもなります。

5) そして、今日のキャリア開発へと至るまでに培ってきた「知識」や「スキル」がPost MBAのキャリアで転用可能であることも伝えなければなりません。英語ではTransferable Skillsと呼びます。たとえば、「リーダーシップスキル」と一言で片づけがちですが、噛み砕いてみますと、・動機付する ・問題解決する ・計画する ・プロジェクトを管理する ・評価する ・意思決定する ・物事を開始する ・グループを代表する ・チーム作り(育成) ・後輩や部下の仕事を監督する等が挙げられるのではないでしょうか。

リーダーシップスキル以外にも、コミュニケーションスキル、インターパーソナルスキルなども代表的なTransferable skillsに挙げられますので、これらの内容も噛み砕いて考えてはいかがでしょうか?

Advice for the Early Career Candidate (from Chicago’s Blog)

今回は、U of Chicago, Booth SchoolのAdmissions Blog (Booth Insider)より下記の投稿記事を紹介させていただきます。

MBAを取得するタイミングは個々のキャリア開発事情によるものの、留学に関する相談へお越しになる方々からは、「キャリア的に考えてもそろそろ取得しても良いのでは?」、「それとも早いでしょうか?」等の質問が寄せられます。そうした自らの留学に関する適性時期に関して判断を下すためにも、まずはビジネススクールのカリキュラムを調べてみてはいかがでしょうか?

Carving out the pathway to your future career requires significant self-reflection. Sometimes you need to look back in order to go forward. Think about the building blocks of your career thus far. What are your strengths and how do they align with your interests? How can you remain open to new possibilities and opportunities that you may have never even thought about? And what might those logical next steps look like?
Some of you may be thinking about an MBA– maybe next year, or five years from now. Some of you are what we refer to as an early-career candidate; individuals who have three or fewer years of full-time work experience, including students currently pursuing an undergraduate degree. Whether you’re preparing to graduate from college, new to the workforce, or thinking about an MBA in the future, we wanted to offer some insights on how you can explore immediate growth opportunities that will set you up for future success.
<続きは下記urlにアクセスしてください>

 

振り返り、分析、そして戦略

時として、テスト結果を分析することなく、ひたすらテストを受け続ける受験生を目にします。受験結果(スコアレポート)を確認するたびに、頭の片隅では「どうしたそういった結果になったのか?」を考えているものの、結果を分析する作業へ十分な時間を注がないケースが目立ちます。ご存知のように、GMATはEnhanced Score Report (ESR)を取得することができますので、スコアのみならず時間配分や各セクションの出来栄えを確認するなど、次回の受験戦略へ生かしていただければと常々思います。

この分析作業を適切に行うことで、今の自分の実力を知り、目標点獲得に向けて必要な要素を把握できることへ繋がると思います。この分析作業が出来ていますと、自分が到達できるスコアレンジを予想することも可能になると思います。こうして予想は、その後の受験スケジュールを策定し、受験校の選定、キャンパス訪問時期の決定など、さまざまな意思決定を行う上での貴重な判断材料となります。

合格に必要な要素

この時期は1月や2月の締切日で出願された受験生が世界各国で面接試験を受ける一方で、嬉しいお知らせ(合格報告)も届き始めております。

自身で納得がいくスコアを取ることで、気持ちと時間に余裕が生まれ、レジュメ、エッセイ、推薦状の質を向上させるために労力を注ぎ、出願先の関係者との交流にも熱が入り、そうした経験がエッセイやインタビュー用コンテンツに反映されます。このように、各対策項目を点ではなく線で捉えて準備を進めていくためは、モチベーション、気持ちの切り替えといった心理的要素も鍵を握っていると思います。

担当受験生の支援を継続していく中で、個々の気持ちの持ちようがテストスコア等の対策準備に影響を及ぼす場面を多々目の当たりにしてきました。「合格するために何が必要ですか?」と問われこともありますが、私は以下の3つの基本要素が必要だと思います:1) 試験に対する自らの準備度合い、2) 実力、3)心理的な要素(モチベーションなど)が合致した時こそ、出願準備プロセスで訪れる決定的な局面(例:絶対にスコアアップが必要な場合)を乗り越えられると思います。まさに、「勝負力」と言っても過言ではないと思います。