カテゴリー別アーカイブ: エッセイカウンセラー

MBA Career Design Seminar 2018 :2018年8月17日開催

今年も株式会社AXIOM様との共催でMBA Career Design Seminarを下記日程にて開催することが決まりました。
https://www.affinity-english.com/event/axiom/

日程:2018年8月17日(金)19:30~ 21:30 (開場19:15)
会場:Affinity英語学院
ご予約はこちらのurlよりお願いいたします。
https://www.affinity-english.com/event/axiom/form.html

概要:ここ数年、MBA求人市場は大変な活況を呈しています。弊社アクシアムに寄せられるMBA求人の増加傾向は止まらず、多様化も進んでいます。まさにMBAにとって空前の売手市場。積極的で自発的な海外MBA留学生の中にはこの好機を上手く活かし、期待以上の恵まれたキャリアチャンスを手にされた方も多く見受けられます。ただMBA人材が活躍できる領域がどんどん広がっている一方で、個別の就職・転職状況を見ていくと、多数の選択肢があるからこそのジレンマや選択ミス=『好景気ならではの負の現象』も見られます。

MBAのキャリア形成で大切なことは、需要の拡大を活かしつつもそれに甘んじることなく、世界経済の潮流や枠組みの中でPost MBA市場の動向を大局的にとらえ、己心(こしん)に従ったビジョンを見つけ創造すること。そのためにもMBA卒業時のキャリア選択は極めて重要です。留学の目的は単なる『就職』や会社を移る『転職』ではなく、『キャリアディベロップメント』のはずです。

本セミナーでは、25年以上にわたりの5800名以上の海外MBAホルダーのキャリア開発を支援してきたアクシアム代表・キャリアコンサルタントの渡邊光章が講演。MBA後のキャリアの選択肢、その広がりについてご案内しMBA留学をご準備中の皆さんのキャリア構築を、出願前の準備段階からサポートさせていただきます。アクシアムの過去のご相談者からは、既に経営者あるいはビジネスリーダーとして数多くの方が活躍。そのような方々のキャリアの道のり、キャリア形成のポイントなども解説いたします。

受講料:無料
講演者略歴:渡邊 光章氏

株式会社アクシアム 代表取締役/キャリアコンサルタント

大阪府立大学農学部生物コース卒業。コーネル大学 Human Resource Executive Development Program修了。留学カウンセラーを経て、エグゼクティブサーチのコンサルタントとなる。1993年に株式会社アクシアムを創業。MBAホルダーなどハイエンドの人材に関するキャリアコンサルティングを得意とする。社会的使命感と倫理観を備えた人材育成を支援する活動に力を入れ、大学生のインターンシップ、キャリア開発をテーマにした講演活動など多数。
1997年~1999年、民営人材紹介事業協議会理事。
1998年~2002年、在日米国商工会議所(ACCJ)人的資源マネージメント委員会副委員長。
著書に『転職しかできない人展職までできる人』(日経人材情報)

【告知協力】◆AXIOM◆海外大学院合格者ジョブフェア2018 

アクシアムでは、来る5月26日(土)本年度、海外の大学院へ留学される すべての方を対象とした『海外大学院合格者 ジョブフェア 2018』を 
開催いたします。

この『ジョブフェア』は、MBAなど海外大学院卒業生を積極的に採用している 著名企業にお集まりいただき、皆さまと企業との出会い・相互理解
の場を 提供するものです。

午前の部の『限定企業によるプレゼンテーション』では、参加企業で ご活躍中のMBAの方や採用担当の方から、他ではなかなか聞くことができな
い内容(企業風土、ビジネスの魅力、今後の成長戦略、キャリアパス、先輩MBAの活躍ぶり、留学経験をビジネスに活かす具体例など)を留学生向
けに特別にお話しいただきます。インターンシップ情報を開示ただける企業もあり、必見です。

午後の部は、出展企業ブースを自由に訪問いただく『個別交流会』を開催。留学経験者を積極採用している参加企業の方と、直接対話・質問をして
いただくことで交流を深め、将来のキャリア構築へむけてネットワークを広げていただけます。

外資系企業、日系企業、プロフェッショナルファーム、事業会社…それぞれの企業が求める留学経験の違い、MBA像、マネジメントリーダー候補と
しての資質等について、留学前に具体的に情報を得られる貴重な機会です。ぜひ奮ってご参加ください。

※午前の部(限定企業によるプレゼンテーション)に参加された方には軽食をご用意(無料)致しますので、お食事後、そのまま午後の部にご参加
いただけます。
※私費留学生以外の方(給付金利用、派遣生)もご参加いただけます。
※参加企業は順次公開してまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆開催概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日時: 2018年5月26日(土) 10:30~16:00(10:00開場)
 場所: 泉ガーデンギャラリー(港区・六本木)
     ◎最寄駅:東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」(徒歩2分)
 定員: 100名  ※先着順/定員になり次第締め切り
 参加費: 無料
 主催: 株式会社アクシアム
 ※参加資格:海外大学院に合格され、今年留学予定の方。
───────────────────
<参加予定企業一覧(五十音順)>

アマゾン ジャパン合同会社
インテグラル株式会社
MSD株式会社
株式会社グロービス
株式会社 経営共創基盤
J.P.モルガン証券会社
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
日本イーライリリー株式会社

※参加企業は順次公開してまいります。
───────────────────
当日のプログラム:

【午前の部】 ~プレゼン会場~
10:30~12:30 ■限定企業によるプレゼンテーション
※参加された方に軽食を配布&プレゼン会場をレストスペースとして開放

【午後の部】 ~ブース会場~
12:30~16:00 ■全参加企業によるブースでの個別交流会

◆お申込み
───────────────────
下記サイトからお申込みください。
https://www.axiom.co.jp/reg/form.php?fkey=jf2018
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇株式会社アクシアムについて https://www.axiom.co.jp/
───────────────────
1993年9月設立。次世代ビジネスリーダーのキャリア構築を支援するサーチファーム。人材紹介事業、キャリア開発サイトを運営。MBAを始めとする
国内外の大学院修了者への転職支援に数多くの実績をもつ。単なる転職ではなく戦略的キャリア展望を持った『「展」職』を提唱し、キャリアコン
サルティング、セミナーの企画運営などを通じ、日本を担う次世代ビジネスリーダーのキャリアを数多く創出している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆お問い合わせ
本イベントに関するお問い合わせは……
株式会社アクシアム  イベント事務局
Email:event@axiom.co.jp / Tel:03-3560-8454
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

MBA出願対策セミナー6/3(日):Affinity英語学院・John Couke 共同開催

10年以上に渡り、共にMBA出願指導を行ってきましたJohn Couke氏と、今年も出願対策セミナーを開催することが決まりました。2019年留学に向け、これから出願書類(レジュメ、エッセイ)の準備に取りかかる受験生の方々は奮ってご参加ください。

対 象 :2019年秋に海外ビジネススクールへの入学を目指す方々

概 要

◆佐取担当範囲:

  • 7月以降の出願戦略と目標スコア
  • 入学審査プロセスにおける推薦状の意味合い
  • エッセイ・推薦状用コンテンツのネタ出し
  • 推薦状対策:人選基準、主な設問内容、準備プロセス

◆John Couke’s Presentation:

After a brief introduction, I will discuss how to choose contents and write compelling essays across one entire essay set. I’ll use the Columbia MBA essays as my example as they’re fairly comprehensive, but may substitute in any set that is newly released before the session. Hope you are able to join us!

受講料

無料(要予約)

担当

John Couke (MBA Admissions Counselor)

佐取 永基(Affinity英語学院副学院長:出願指導担当)

日程
2018年6月3日(日)10:00-12:00

定員
15名(要予約)

会場
Affinity英語学院

予約
ご参加希望の方はお手数ですが、下記アドレスまでご連絡ください。
info@affinity-english.com

Adam Markus氏によるMBA出願対策セミナー(4/30)

このたび、Adam Markus氏とMBA出願対策セミナーを共催することになりました。Adamとは、ザ・プリンストン・レビュー・オブ・ジャパン(現:アゴス・ジャパン)でGraduate Admissions Consultingの仕事を共に開始して以来の付き合いとなります。2007年の独立後も、Adamは数多くのアプリカントをトップビジネススクール合格へと導いてきました。そして近年においては、日本人のみならず世界各国のアプリカントに対して卓越した指導力と経験を発揮しております。

Adamの指導実積は下記サイトよりご覧いただけます。
http://www.adammarkus.com/results/#results-overview

受験生の皆様におきましては、今回のセミナーを機にAdamが語るMBA出願の奥深さを実感していただく同時に、今後の出願準備に弾みを付けていただければ主催者として嬉しい限りです。

同セミナーの詳細は下記をご参照ください。

TITLE: GETTING ADMITTED: Core Concepts for a Successful MBA Application Strategy

  • 概要The objective of this presentation is to help you gain admission to MBA programs. As a graduate admissions consultant for over 17 years, I have worked with well over 1000 candidates from all over the world. While the vast majority of my clients come from Japan, India and the United States, I have worked with clients coming from every continent and helped them gain admission to the world’s best MBA programs. I advise on the overall application process and its primary components essays, resumes, application forms, school selection, recommendations, and interviews. The concepts introduced in this seminar are critical for succeeding.

■第一部 You must be Smart, a Leader, a Team Player, and a Unique Contributor
Summary: MBA programs have four common core admissions criteria for judging applicants. You need to demonstrate each of these characteristics in one or more different parts of your application.

-The 4 Key Criteria, How to Think About Them and Yourself
1) Intelligence
2) Leadership
3) Community Engagement
4) Diversity

■第二部 FINDING FIT: Who is Doing the Finding? The Admissions Committee is.
Summary: You will read about “fit” and “finding fit.” The idea has to two aspects. First, you must feel like the program is right for you, that is you must feel like you would be happy to attend the program. We will not focus on that aspect of fit here, which is about school selection. Instead, we will focus on the other aspect of fit, which is about an admissions committee concluding that you belong at their school and hence admitting you. The “Who” in this case is the admissions committee. Hence finding fit it is ultimately about the process of convincing those doing the admitting that you belong at their school.

1) The Admissions Committee: The Only Opinion That Actually Matters
2) How to Convince the Admissions Committee
3) The Self-Marketing Fit Campaign
■第三部 Before You Start Writing Application Essays: Key Concepts For Success
Summary: Here I will introduce you to some core concepts that will help you write successful MBA application essays.

1) You Must Understand Your Audience
2) What Your Past Experience Means is a Matter of Interpretation
-Loser Past
-Winner Past
-Reinterpreting your past
3) You MUST Discuss Your Professional Future Goals Effectively
-Plans (Practical Goals)
-Missions/Visions/Dreams (Conceptual Goals)
-Why both types of goals are important
4) Think! Brainstorm! Iterate!

受講料 16,000円(税込、教材費込)  :入学金は不要です。

担当 Adam Markus (Graduate Admissions Consultant)

日程 2018年4月30日(月・祝)16:00-18:00

定員16名(最少催行人数6名)

会場 Affinity英語学院

お申込み
こちらのサイトよりお手続きいただけます。
https://www.affinity-english.com/mba/application-strategy.html

【告知協力】IESE-至善館 Joint Event 4/9 (月) 

IESE-Shizenkan Joint Event

IESEと全人格リーダーシップ教育機関の大学院大学至善館が、日本におけるエグゼクティブ教育並びに世界におけるマネジメント教育を考えるグローバルプラットフォーム構築を目的に、パートナーシップを結ぶことになりました。それにあたり、IESEと至善館の共催イベントとして、IESE学長Franz Heukamp、至善館代表野田智義氏に加え、その他複数の豪華ゲストが「Challenges in Developing Next Generation Leaders」について議論します。IESE卒業生他多くの方が参加予定です。

日時: 4/9 (月) 18:30-21:30

場所: 虎ノ門ヒルズフォーラム(ホールA)

プログラム:

18:30 開場

19:00 挨拶−加賀谷順一(IESE東京オフィス ディレクター)

19:05 IESEアップデート−Franz Heukamp(IESEビジネススクール 学長)

19:20 ゲストスピーチ

20:05 パネルディスカッション、Q&A

20:45 懇親会

21:30 終了

ゲスト:

長谷川閑史氏(武田薬品工業株式会社 相談役)

安渕聖司氏(ビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役)

カロリナ・ガルシア・ゴメス氏(IKEAジャパン 代表取締役)

登録: http://mailings.iese.edu/IESE/newsletter.php?N=8360

【告知協力】江戸義塾 Kickoff Seminar開催 2/25 (日)

Ed Lee氏(Ed義塾代表)が主催するKick-off Sminarが以下の日時にて開催されます。
ご予約はこちらのurlよりお願いいたします。
http://www.edogijuku.com/contact.html
=======================
Edogijuku Kickoff Seminar

・Day: Sunday, Feb 25th
・Time: 1400-1600
・Place: Edogijuku Office
東京都港区南青山一丁目2番6号 ラティス青山スクエア2F#15
From Aoyama 1 Chome Station Exit 3 about 2 minutes
From Nogizaka Station it is about 10 minutes +/-
Tully’s Coffee is on the 1st floor of the building

Contents

1400-1500 *Edogijuku Introduction *Keys to the MBA application process

1500-1600 Guest Speakers (Stanford, LBS, CBS, Chicago, etc.)
*Self-introductions
*Highlights about their MBA application experiences

*Q&A

[Affinity英語学院 GMAT/GRE 年末集中講座]

              緊急企画 ~年末GMAT/GRE集中講座~

Affinity英語学院において、12/23(土)~12/27(水)の間、GMATとGREの集中講座を実施します。お申込み、お問い合わせは info@affinity-english.comまでお願いします。

尚、以下の(1)(2)(3)をフル日程(=4日間)で参加される方は、受講料を10%値引きいたします。

(正規受講料 139,600円 → 割引後受講料 125,640円)

☆☆☆ (1) GMAT SC Intensive 6時間 × 2日間 ☆☆☆

◎日程

12月23日(土)Set A: 15時-18時 & 19時-22時(6時間)

12月24日(日)Set B: 10時-13時 & 14時-17時(6時間)

◎担当講師:飯島哲也(内宮慶一もアシスタントとして参加します)

◎講座内容

・GMAT SCの問題演習、及びAffinityメソッドの解説を実施します。

・年末年始から1月末にかけてGMATを受験する方を対象に、実践的な直前対策をお届けします。

◎受講料:1日(6H)あたり34,900円(税込、教材費込)

◎1日だけの受講も可能です。

☆☆☆ (2) GMAT RC Intensive 6時間 ☆☆

◎日程:12月25日(月)15時-18時 & 19時-22時(6時間)

◎担当講師:内宮慶一

◎講座内容

・GMAT RCの問題演習、及びAffinityメソッドの解説を実施します。

・年末年始から1月末にかけてGMATを受験する方を対象に、実践的な直前対策を

お届けします。

◎受講料:34,900円(税込、教材費込)

☆☆☆ (3) GMAT CR Intensive 6時間 ☆☆☆

◎日程:12月26日(火)15時-18時 & 19時-22時(6時間)

◎担当講師:飯島哲也

◎講座内容

・GMAT CRの問題演習、及びAffinityメソッドの解説を実施します。

・年末年始から1月末にかけてGMATを受験する方を対象に、実践的な直前対策をお届けします。

◎受講料:34,900円(税込、教材費込)

☆☆☆ (4) GRE乗り換え対策セミナー 3時間☆☆☆

12月27日(水)14時30分-17時30分(3時間)

◎担当講師:飯島哲也、内宮慶一

◎講座内容

・今までGMATの対策と受験を重ねていた方で、GREの受験も視野に入れている方や、既にGRE受験を決めた方向けに、GREについての対策を実施します。

・GREについての知識がゼロの方の参加を歓迎します。

・GREの試験形式、問題タイプ、攻略法等を解説します。

・MathとVerbalの問題演習を実施します。

◎受講料:16,400円(税込、教材費込)

これらの年末講座につきましては、現時点ではまだWEBページ上でのご案内がありません。

誠に申し訳ございませんが、ご参加希望の方は下記、info@affinity-english.comへご連絡を頂けますようお願い申し上げます。

Dual-Degree Programs for Globally Minded Students

今秋より、アメリカ、カナダ、中国、そしてフランスの名門ビジネススクールによるdual-dregree programがスタートしました。より多くの国際経験を得る機会になるかもしれません。

This fall, five top business schools are launching the M2M, a portfolio of double degrees giving recent university graduates the opportunity to complete two master’s degrees by attending two top business schools in two different countries over two years.

This initiative is an effort by leading business schools on multiple continents to meet the demands of a globalized economy and provide future business leaders with a distinctive learning experience that will accelerate their careers.

http://www.hec.edu/News-Room/Press-Releases/Five-Top-Business-Schools-Announce-a-Portfolio-of-Dual-Degree-Master-s-Programs-for-Ambitious-Globally-Minded-Students

The M2M programs are a collaboration among five schools: FGV Escola de Administração de Empresas de São Paulo, HEC Paris, Hong Kong University of Science and Technology Business School (HKUST), Sauder School of Business University of British Columbia, and the Yale School of Management (Yale SOM).

The five participating schools are all members of the Global Network for Advanced Management, a network of top business schools committed to educating global leaders through collaboration and innovation.

Six M2M double degrees are available as of September 2017 for student applications: FGV-Yale, HEC-FGV, HEC-HKUST, HEC-Yale, HKUST-Yale, and Sauder-Yale. After they complete both academic years, students will graduate with two master’s degrees, one from each school they attended. Graduates will be alumni of both schools and will have access to the schools’ career resources.

This innovative program gives ambitious students an unparalleled advantage by grounding them in the distinctive academic cultures and approaches of two top business schools in different countries, while preparing them for global roles. Students get the chance to study alongside peers from all continents with diverse experiences. They will benefit from curricular and extracurricular collaborations among the schools, highly personalized career services, and the networks of two global business schools.

David Bach, Deputy Dean at Yale SOM, says that the M2M is all about choice: “Whatever pathway students choose, young leaders who are interested in having impact throughout their careers will quickly develop skills that set them apart in the global marketplace, while building a deep network of like-minded peers around the world. The world needs more globally minded leaders, not fewer, and with this initiative we seek to positively impact organizations confronting challenging issues at the nexus of business and society.”

Peter Todd, Dean of HEC Paris, says, “The innovation here is to go to the market with a range of world class academic partners sharing joint admission processes and aiming at recruiting together a significant number of students. We are convinced that this offer meets the demand of growing numbers of extremely talented and globally-mobile students who target prestigious double degree programs as passports for international careers.”

For more information, please visit: http://www.hec.edu/Masters-programs/Communication/Landing-Pages/M2M-Progra

【LL.M. 2018年入学用出願締め切り日】:Washington University in St. Louis

Washington University in St. Louis LL,Mプログラムの出願締切日です。

■ General LL.M.
http://law.wustl.edu/llmint/
All materials must be submitted by May 15.**
**Admissions are on a rolling basis, meaning we consider applications as they are completed. Candidates are considered for admission up to 14 months prior to beginning study on campus. Therefore, we strongly recommend that applicants apply as early as possible.

■ Intellectual Property and Technology Law
http://law.wustl.edu/llmip/index.aspx

All materials must be submitted by May 15.**
**We strongly recommend that applicants apply as early as possible.
Need-based and credit-based loans are available to full-time students who meet the federal requirements. Merit-based scholarships are also available.

受講生の声

今年1月よりLondon Business School (Sloan Program)に留学中の長原正樹さんが「受講体験記」を執筆くださいました。
http://www.affinity-english.com/testimonial/index.html

===========================================
受講生の皆様はじめまして。私は現在London Business SchoolのSloan Programに参加しておりまして、昨年12月に渡英して以来、早9ヶ月経過致しました。ロンドンで最終インタビューを受けたのが丁度去年の今頃で、不安とプレッシャーに押し潰されそうになりながら、ものすごくタフな精神状態が続いた時期をまるで昨日のことのように思い出します。体験談を書こうと思ってからかなり時間が経ってしまい、今更どうかなあと悩みつつも、今このタイミングでこそお伝えできることがあるのではと思い、勇気を振り絞って?!筆を取らせて頂きました。

私の受験対策は全てアフィティにお任せしました。初回は佐取先生との面談からスタート、ビックピクチャーを共有し、合格までのスケジュールや個別の作戦を詳細に練っていきました。飯島先生とは何度も面談を実施し、個別に学習プログラムを策定して頂きました。飯島先生が日頃から仰っていることではありますが、IELTSや GMATおよびエッセイ、インタビューに至るまで戦略は個々人によってそれぞれ異なります。やり方は一様でないですし、目指すプログラムやターゲットスコアによって違うはずです。例えば私の場合、TOEFLよりIELTSを選ぶべきであったり、GMATであれば苦手なCRは全部捨ててRCは全部解き、できるだけ全問正解を目指す、でもSCは頑張ってトータルで最低限のスコアを目指す。はたまたIELTSやGMATが芳しくない場合、エッセイやインタビューに重点を置く等、私が目指す職歴が長いミッドキャリア向けSloan Programならではの対策にフォーカスをすることで進めていきました。

特に佐取先生との留学ガイダンスプログラムは今でも忘れられません。特に昨年7月上旬の最終局面、IELTSもGMATもスコアメイクが完了せずにエッセイに取り掛かるという受講生的には一番やってはいけない(笑)最悪なシナリオに差し掛かり、でもエッセイの提出期限が間近に迫ってるという、もはや修羅場的なタイミングで、何て言うんでしょうか、単にインテンシブという言葉では決して片付けられない気迫迫った時間を佐取先生とは共有させて頂きました。これが無かりせば私は絶対ここにいません、断言できます。この気迫を現地最終インタビューまで持続させたのが最大の勝因です。英語がうまく喋れようと喋れまいと、緊張していようとしていまいと、想いがあればそれは必ず通じるのです。途中何度も、「あー私はなんてダメな受講生なんだ。。。」と心が折れそうなタイミングがありましたが、佐取先生は決して妥協することなく向き合っていただけました。今思えば、先生との一連のセッションは自分の強い想いを形に変える、最高のプロセスだったのです。

アフィニティは単なる受験予備校にとどまりません。私にとってはアフィニティは「本質的な学問を学ぶ寺小屋的な空間」でした。テクニックを学ぶだけの学校はものすごく違和感があったので、常に本質論を重視するアフィニティは物凄く自分にフィットしました。今思えば、アフィニティで学んだことは単なるテスト対策にとどまらず、今の留学生活に全てが繋がっています。SCで学んだことが論文を書く際の文法の基礎になったり、RCの読解方法が信じられないくらい読まされる事前リーディングの役に立ったり、CRがクラスメートと議論する上でのロジカルシンキングの糧になったり、MATHの知識がファイナンスの授業の基礎になったり、現地校に通う子供の算数を教えるのに役立ったり(笑)、今でも事あるごとにテキストを見直したりしています。残念ながら私の場合、最終的には満足行くスコアメイキングに至りませんでしたが、アフィニティの時間は長期的に考えれば有益かつ贅沢な時間でした。ちなみに私は飯島先生の哲学や心理学にまつわる雑談が個人的にとても好きでした。特に先生のブログに掲載されている「フランクル心理学」にかかる「あなたが人生を諦めたくなっても、人生は決してあなたを諦めはしない」というフレーズには何度救われたことか。。。。留学生活が始まった当初も大変辛かったのですが、その際もこのブログを読み返したほどです。

人によっては非常に長期にわたる受験生活。心が折れる瞬間は幾度もなく訪れます。でも皆さんには留学をしようと決断した、その志(こころざし)が必ずあるはずです。その志をどうか忘れずに。必ず道は開けますので。  あと、大丈夫です、入ってからの方がもっと強烈に大変ですから(笑)。ちょっと現実的な話になりますが、リスニングの勉強はしてもしすぎることはありません。逆に私みたいにリスニングがイマイチなまま留学に行くと本当に大変ですよ!読む書く話すは(最終的には)何とかなりますが、聞けないことには何もできません。それだけ本場の英語環境は予想以上に過酷だし、日本人MBAのサバイバルな環境ではリスニングができないのは致命傷です。合格する前も合格した後もリスニングの準備は余念無く!

最後になりましたが、私の大好きな松下幸之助の「道」という詩(英訳版)で締めさせていただきます。

The way
Every person has a path to follow.
It widens, narrows, climbs and descends.
There are times of desperate wanderings.
But with courageous perseverance and personal conviction, the right road will be found.
This is what brings real joy.

ロンドンの夏は日本の信じられないくらい異常な暑さと異なり、物凄く爽やかです。多くの受講生の方は米国を目指す方が多いと思いますが、歴史と文化と多様性が溢れるこの地ロンドンが私はとてもお気に入りです。志高き皆様とロンドンでお会いできることを楽しみにしています。頑張って下さい。留学は人生史上最高の経験ですよ!