作成者別アーカイブ: 佐取 永基

入学審査官の眼

IESE在校生の方が入学審査官の西田様にインタビューした内容が下記の画面上にてご確認いただけます。IESE出願予定者の方々はもちろんですが、その他の方々にとっても審査官の視点を再確認する上では貴重な情報であると思います。是非、ご一読ください!

①IESEの入学審査官についてのアレコレを聞いてみました その①:イベント参加の影響等
入学審査官にIESEの入学審査についてのアレコレを聞いてみました その① – IESE Business School 日本人向けサイト (iesejapan.com)

②IESEの入学審査官についてのアレコレを聞いてみました その② 受験スコアやアプリカントのバックグラウンドについて
入学審査官にIESEの入学審査についてのアレコレを聞いてみました その② – IESE Business School 日本人向けサイト (iesejapan.com)

③ IESEの入学審査官についてのアレコレを聞いてみました その③
入学審査官にIESEの入学審査についてのアレコレを聞いてみました その③ – IESE Business School 日本人向けサイト (iesejapan.com)

 

 

【告知協力】:IESE MBA virtually coming to East Asia

IESE Business Schoolでは、11月、下記の通り、オンラインにて、アプリカントの皆様向けにイベントを実施します。ふるってご参加ください。

Tech Club Student Panel

日時: 11/4(木)21:00-22:00(日本時間)

登録: こちらのページ

Women in Business Club Student Panel

日時: 11/9(火)22:00-23:00(日本時間)

登録: こちらのページ

QS Connect MBA

日時: 11/11(木)18:00-21:30(日本時間)

18:00-18:30 ワークショップ: What is the value of an MBA?

19:00-21:30 小グループミーティング

登録: こちらのページ

注記: IESE MBA Class of 2016の卒業生でもある日本人アドミッションオフィサーの西田(アジア・中東統括、LinkedIn)が全般参加します。

East Asia MBA Coffee Chat with Students

日時: 11/15 (月) 20:45-22:00(日本時間)

20:45-21:15 学校説明

21:15-22:00 パネルディスカッション

登録: こちらのページ

注記:

  • 学校説明及びその後のセッションの司会は、IESE MBA Class of 2016の卒業生でもある日本人アドミッションオフィサーの西田(アジア・中東統括、LinkedIn)が担当します。
  • パネルディスカッション以降は、以下の在校生が参加します。
  1. Candice Wu氏、MBA Class of 2022、台湾、LinkedIn
  2. Hwajung Hur 氏、MBA Class of 2022、韓国、LinkedIn
  3. 中山 佳昭 氏、MBA Class of 2023、日本、LinkedIn
  4. Claire Zhang氏、MBA Class of 2023、中国、LinkedIn

Finance Club Student Panel

日時: 11/18(木)22:00-23:00(日本時間)

登録: こちらのページ

Financing your MBA

日時: 11/24(水)21:00-22:00(日本時間)

登録: こちらのページ

MBA Application Tips

日時: 11/30(火)24:00-24:45(日本時間)

登録: こちらのページ

MBA Admissions One-to-One

IESE MBA Class of 2016の卒業生でもある日本人アドミッションオフィサーの西田(アジア・中東統括、LinkedIn)が、プログラム、キャリア機会、入学審査プロセス、バルセロナ生活等、幅広く個別の疑問にお答えします(45分もしくは30分、日本語可)。

日時: 随時

登録: こちらのページ (45分)、こちらのページ(30分)

注記:

  • 実施日程は約2週間先までを目安に登録用ページにて公開されていますが、随時更新されます。
  • 出願前であれば、複数回参加して頂くことも可能です。

*IESE Business Schoolは、スペインのバルセロナを拠点とした2年制プログラムを提供し、ジェネラルマネジメントと人格教育による「真の国際リーダー・経営者の育成」を目的に掲げており、教授法としてはケースメソッドに重きを置いています。EconomistのMBAランキングで世界1位(2021年)に、Financial TimesのMBAランキングで世界4位(2021年)にランクインしています。

在校生による学校説明会:Kellogg School of Management

Kellogg School在校生による学校説明会が下記日程で開催されます。
エッセイそして面接対策に向けた情報収集作業の一環として、奮ってご参加ください。
在校生による学校説明会 – Kellogg School of Management (kellogg-prospective.com)

開催予定の説明会
以下の時間帯にて在校生による学校説明会を2回にわたって開催します!参加希望の方は下記フォームからお申込み下さい。具体的な内容については、皆様から頂いたアンケート結果を踏まえて、可能な限り皆様の希望に沿うものにできればと考えております。

日本時間2021年10月23日(土)22:00~23:00

日本時間2021年11月21日(日)8:00~9:00

https://docs.google.com/forms/d/1v33bempS4HchLz_8h7FZ4ETttAQYKNPS_7pbSJlrEj4/edit

【告知協力】IESE Business School Events in October Vol. 2

IESE Business Schoolでは、10月後半、下記の通り、オンラインにて、アプリカントの皆様向けにイベントを実施します。ふるってご参加ください。

MBA Japan Ask Me Anything

IESE MBA Class of 2016の卒業生でもある日本人アドミッションオフィサーの西田(アジア・中東統括、LinkedIn)が、プログラム、キャリア機会、入学審査プロセス、バルセロナ生活等、ご参加登録時に匿名で頂く質問群に順次回答し続けるグループセッションです。

日時: 10/22(金)21:00-21:45(日本時間)

登録:こちらのページ

注記:

  • 頂く質問量次第では、終了時間が前後する可能性があります(時間が許せば最後にその場での質問にも回答します)。
  • 登録時に頂いた質問全てに回答するとは限りません。
  • 日本語で実施します。

MBA Virtual Open Day

日時: 10/23(土)(A)18:30-20:45、(B)23:30-25:45(日本時間)

(A)18:30-18:45 学校説明会

18:45-20:00ケースメソッドを用いた模擬授業

20:05-20:45 卒業生パネルディスカッション

(B)23:30-23:45 学校説明会

23:45-25:00 ケースメソッドを用いた模擬授業

25:05-25:45 卒業生パネルディスカッション

登録: (A)こちらのページ、(B)こちらのページ

注記:

  • IESEならではの、ケースメソッドに重きを置いた授業を体験できる貴重な機会です。
  • 事前のCVレビューが必要になりますので、早めの登録をお勧めします。

MBA Admissions One-to-One

IESE MBA Class of 2016の卒業生でもある日本人アドミッションオフィサーの西田(アジア・中東統括、LinkedIn)が、プログラム、キャリア機会、入学審査プロセス、バルセロナ生活等、幅広く個別の疑問にお答えします(45分もしくは30分、日本語可)。

日時: 随時

登録: こちらのページ (45分)、こちらのページ(30分)

注記:

  • 実施日程は約2週間先までを目安に登録用ページにて公開されていますが、随時更新されます。
  • 出願前であれば、複数回参加して頂くことも可能です。

*IESE Business Schoolは、スペインのバルセロナを拠点とした2年制プログラムを提供し、ジェネラルマネジメントと人格教育による「真の国際リーダー・経営者の育成」を目的に掲げており、教授法としてはケースメソッドに重きを置いています。EconomistのMBAランキングで世界1位(2021年)に、Financial TimesのMBAランキングで世界4位(2021年)にランクインしています。

 

【告知協力】:IESE Business School Event in October

IESE Business Schoolでは、10月前半、下記の通り、オンラインにて、アプリカントの皆様向けにイベントを実施します。ふるってご参加ください。

Japan MBA Coffee Chat with Students

日時: 10/9 (土) 20:00-21:30(日本時間)

20:00-20:25 学校説明会

20:25-21:00 パネルディスカッション

21:00-21:30 ブレイクアウトルームセッション

登録: こちらのページ

注記:

  • 以下の在校生が参加します(全員2年生、MBA Class of 2022)。MBAアドミッションチームからは誰も参加しません。
  1. 高田 泰彰 氏、金融、社費、LinkedIn
  2. 田中 敬志 氏、通信、社費、LinkedIn
  3. 小澤 耕司 氏、商社、私費、LinkedIn
  4. 木村 咲央利 氏、電機メーカー、私費、LinkedIn
  5. 石堂 嵩典 氏、電機メーカー、私費、LinkedIn
  6. 張 晉豪 (Chin-Hao Chang)氏、ファッションリテール、私費、LinkedIn
  • 日本語で開催されます。

MBA Admissions One-to-One

IESE MBA Class of 2016の卒業生でもある日本人アドミッションオフィサーの西田(アジア・中東統括、LinkedIn)が、プログラム、キャリア機会、入学審査プロセス、バルセロナ生活等、幅広く個別の疑問にお応えします(45分もしくは30分、日本語可)。

日時: 随時

登録: こちらのページ (45分)、こちらのページ(30分)

注記:

  • 実施日程は約10日先までを目安に登録用ページにて公開されていますが、随時更新されます。
  • 出願前であれば、複数回参加して頂くことも可能です。

*IESE Business Schoolは、スペインのバルセロナを拠点とした2年制プログラムを提供し、ジェネラルマネジメントと人格教育による「真の国際リーダー・経営者の育成」を目的に掲げており、教授法としてはケースメソッドに重きを置いています。EconomistのMBAランキングで世界1位(2021年)に、Financial TimesのMBAランキングで世界4位(2021年)にランクインしています。

【告知協力】:Cornell 2-Year MBA & Tech MBA 日本人在校生Webinar 9/25(土)開催

この度、John Schoolの在校生によるウェビナーを9/25(土)の午前10:00-12:00にて開催いたします。

・開催日時:2021年9月25日(土) 10:00-11:00 Cornell Tech、11:00-12:00 2-year MBA
・申し込み方法等の詳細情報:
Cornell 2-Year MBA & Tech MBA 日本人在校生Webinar 9/25(土)開催 – コーネルMBA 日本人在校生サイト
https://johnson-japan.jimdofree.com/2021/09/12/cornell-2-year-mba-tech-mba-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E5%9C%A8%E6%A0%A1%E7%94%9Fwebinar-9-25-%E5%9C%9F-%E9%96%8B%E5%82%AC/

また、Johnson Schoolの皆さんが新たにツイッターアカウントも開設され、こちらのツールを通じて情報発信を強化されていくようです。

Cornell MBA在校生アカウントさん (@Cornell_MBA_JP) / Twitter<https://twitter.com/Cornell_MBA_JP>

【告知協力】IMD MBA 学校説明会 10/2(土)

IMDのMBAプログラム説明会が下記の日時で開催されます。
皆様、奮ってご参加ください!

==================================================
IMD MBA 学校説明会 10/2(土)日本時間17時~19時
在校生(Class of 2021)、卒業生、入学準備生(Class of 2022)によるIMD
MBAプログラムの学校説明会を実施いたします。

在校生、卒業生よりIMD MBAで得た経験・学び、就職活動、Post MBAのキャリア、現地での生活等について、入学準備生よりIMDの受験の特徴や体験についてカジュアルにお話しさせていただきます。

皆様のご参加をお待ちしております!

お申込みリンク先:https://forms.gle/RgPxibtuCMHJSg448

[日時] 10/2(土)日本時間17時~19時

[Agenda]
①17:00-17:30 IMD MBA プログラム紹介

②17:30-18:15 在校生(Class of 2021)によるパネルディスカッション

③18:15-19:00 卒業生/在校生/入学準備生のブレークアウトルームにて個別のQ&Aセッション(入退室自由)

参加在校生のバックグランドは以下リンク先よりご確認ください。
https://imdjapanclub.wordpress.com/class-of-2021/

お申込みいただいた方宛てに開催2日前までにZoomリンクをお送りします。前日までにご案内が届いていない場合は imdmba.japanblog2021@gmail.com までご連絡をお願いします。

【告知協力】9/19 (日):Ross Full-Time MBA Online Information Session

来る9月19日(日)午前10時-11時半 (日本時間)、University of Michigan Ross School of
Businessは日本人卒業生主催のFull-time MBAオンライン説明会を開催いたします。(日本語で実施、録画なし)

Rossはリーダーシップやマネジメントに関する複数のプログラムで外部機関から高い評価を得ております。Collaborativeな校風で、Multidisciplinary Action Projects (MAP) をはじめとした実践的な学びの機会が多く、Globalなネットワークを広げられる素晴らしい環境です。

また、Ann Arborは米国の都市の中でも、教育レベルや住みやすさで常に上位の評価を得ております。非常に治安のよい街で、パートナーズクラブや教育施設も充実しており、ご家族でいらっしゃる方々も安心して生活することができます。

今回の説明会では幅広い年次の多様な業界で活躍する10名以上の卒業生に加え在校生もAnn
Arborからオンラインで参加予定です。下記の参加申込フォームで事前に質問を募集し、卒業生・在校生全体でのQ&Aセッションでお答えします。また、全体Q&Aセッション終了後、希望者向けに小グループでのネットワーキングタイムも設けています。ここでしか聞けないお話が満載ですので、是非この機会を活用してネットワーキングしながら、Rossの魅力を感じて頂ければと思います。

参加ご希望の方は下記参加申込フォームよりご登録ください。
説明会URLを、ご登録頂いたメールアドレスに前日(9/18 19時以降)にお送りします。
https://forms.gle/RzzS7puNH5nKugSK8

・参加申込期限:9/18(土)19時 ※ただし上記フォーム内の質問事項・テーマの受付は9/12(日)まで

Executive Assessment (EA) Scoreで出願可能な Full-time MBAプログラム (8月30日現在)

数年前、ColumbiaとNew York Univ.がExecutive Assessment (以下 EA)スコアを受け付けると発表した当初は、EAという名前を耳にする受験生がほぼ全員と言っても過言ではありませんでした。しかし、今日においては状況も変わり、EA対策を受験スケジュールにどう組み入れるか?といったポイントも必要に応じて考えていかなけれなりません。

以下はGMACのEA関連サイトになりますが、EAスコアで受験できるFull-time MBAプログラムは増えております。
https://www.gmac.com/executive-assessment/about/accepting-schools

主なプログラムを挙げてみたいと思います。

・Carnegie Mellon Tepper School of Business
・Columbia Business School
・Duke University Fuqua School of Business
・Fordham University Gabelli School of Business
・Georgetown University McDonough School of Business
・London Business School, Masters in Leadership and Strategy (Mid-Career Program)
・MIT Sloan School of Management, Sloan Fellows Program (Mid-Career Program)
・New York University Leonard N. Stern School of Business
・Rice University Jones Graduate School of Business
・Stanford Graduate School of Business, MSx Program (Mid-Career Program)
・University of Rochester Simon Business School
・The University of Texas at Austin McCombs School of Business
・University of Virginia Darden School of Business
・Vanderbilt University Owen Graduate School of Management

皆さんの出願校リストには上記のプログラムは含まれていますか?8月はGMAT/GREを初めて受験する方々も増えてくる時期です。そうした直近のスコアを踏まえ、出願校の選定や受験戦略を推敲されたいという方は、是非ご相談へお越しください。

Columbia Essay対策 Vol. 2

前回に続き、Columbia Essay対策について投稿いたします。
今年から新しい設問 (1) が加わりました。

Please respond to two (2) of the three (3) essay questions listed below:

(1) The Phillips Pathway for Inclusive Leadership (PPIL) is a new co-curricular program designed to ensure that every CBS student develops the skills to become an ethical and inclusive leader. Through PPIL, students attend programming focused on give essential diversity, equity, and inclusion skills: Creating an Inclusive Environment, Mitigating Bias, Communicating Across Identities, Addressing Systemic Inequity, and Managing Difficult Conversations. Tell us about a time you were challenged around one of these five skills. Describe the situation, the actions you took, and the outcome. (250 words)

Columbiaが教育方針として掲げているDiversity, Equity, and Inclusion (DEI) に関する設問です。
https://www8.gsb.columbia.edu/about-us/diversity-equity-inclusion

この設問への回答を用意する際には、対人能力を発揮した実例を1つ準備していきましょう。
そしてDEIに関する反応、理解度、対応力をその選定した実例に登場する自分の活躍を通して描き出してください。さらには周囲(チーム・組織等)への影響度に関して言及いただくと、さらに読み応えのあるアピーリングな内容へと仕上がると思います。

(2) Why do you feel Columbia Business School is a good fit for you? (250 words)

出願理由を考える際には、Class, Club, Guest Speakers, Internship opportunity, Practical Educationを始め、学校関係者(卒業生・在校生)を通して情報を収集されると思います。キャリア目標を達成するため、世界有数のビジネス都市であるニューヨークでの留学経験は自身から何を得ることが出来るか推敲してみましょう。

■New City Advantagesに関する参考動画
https://www8.gsb.columbia.edu/video/videos/how-will-you-take-advantage-being-%E2%80%9C-very-center-business%E2%80%9D
https://www8.gsb.columbia.edu/about-us/why-columbia-business-school/community
https://www8.gsb.columbia.edu/about-us/why-columbia-business-school/access

(3) Tell us about your favorite book, movie, or song and why it resonates with you. (250 words)
質問を受けることですが、入学審査官に好まれる本・映画・歌はありません。大切なのはそれぞれのジャンルではなく、自分にとって”favorite”な理由、自分の人生にとってなぜ大切なのか?そうした理由に関して考えてみましょう。

以下ブレインストーミング用にご活用ください。

Q. What do you remember about the story, and did it kindle your reading passion?(本の場合)
Q. What was memorable about the film, and how did it make you feel? (映画の場合)
Q. What is a meaningful relationship with the song?  How did the song impact your life?(歌の場合)