作成者別アーカイブ: 佐取 永基

【告知協力】Cambridge Business Masters information session – Tokyo (3/1)

2023年3月1日(水)にCambridge Judge Business Schoolの方々が来日し、ウェスティンホテル東京で対面イベントを開催予定します(18時30分~21時30分)。当日は、Simon Taylor教授による特別講義(The Return to Nuclear Energy)の後、マスタープログラム(MBA, EMBA, MFin)の紹介、アルムナイとのQ&A、ネットワーキングが予定されています。

出願に向けて勉強中の方にとっては、貴重なネットワークづくりの機会になるかと思います。また、まだ海外留学に迷っている方や、どの地域/国に留学しようか検討中の方にとっても参考になるイベントかと思います。

詳細/申込はCambridge Judge Business Schoolのホームページ(リンク<https://www.jbs.cam.ac.uk/insight/events/mba-mfin-emacc-emba-info-session-tokyo/>)よりお願いいたします。皆さまのご参加をお待ちしております。

ETS Japan & Affinity英語学院共催 2/7 (火):はじめてのGREⓇテスト

2024年のMBA/大学院留学に向け、多くの方々が本格的に準備をスタートしております。早いもので、まもなく2月を迎えます。特にMBA出願に関しては、第一回目の締め切り日(通称:ファーストラウンド)は9月上旬から中旬で設定されることが多く、この先の出願準備スケジュールを策定する上でも、必要なテストに対する理解を深め、そして実現可能な学習プランを考えていかなければなりません。そうした皆様の準備を後押しするためにも、本日は「はじめてのGREテストセミナー」をご案内いたします。

MBA/大学院留学に向けて、まずはGREについて知ろう!

 「海外の大学院に留学したい!」と考えた時に求められるであろうテストの一つがGREテスト。でも、そもそもどういうテストなのか、何から始めたらいいのか分からないという方を対象に、GREテストの基本概要、学習法などをご紹介します。

📝セミナーの内容
GRE概要、対策のTipsなど
・質疑応答

📝対象者
・MBA留学、大学院留学に興味がある方
・MBA留学、大学院留学の準備を始めたばかりの方
・GREはどんなテストなのか知りたい方
・GRE対策の準備やスケジュール管理が知りたい方
・GREを勉強したいけど何から始めていいかわからない方

📝定員
・100名(先着順になります)

📝形式
・Zoomウェビナー

📝講師
Affinity英語学院 学院長 飯島哲也先生
Affinity(アフィニティー)英語学院創業者&学院長、テスト対策講師、学習コンサルタント 「テスト対策講師」としてGMAT®, GRE®, TOEFL®, IELTSの指導に携わる傍ら、「学習コンサルタント」として勉強法に関するコンサルテーション、目標達成までのコーチング、メンタルトレーニング、等を実践している。

Affinity英語学院
GMAT®, GRE®, TOEFL®, IELTSの試験対策指導の他、英語指導(英会話、発音、文法、読解、等)、英語学習に関するコンサルティング、MBA(ビジネススクール)出願支援、キャリアコンサルティング、などを行っている。

 Webサイト:https://www.affinity-english.com/

📝その他

・事前予約制。定員になり次第申込受付を終了します。
・事前登録いただいた方には、期間限定でご覧いただける当日の録画配信もあります。

セミナーの参加申し込みはこちらのサイトよりお願いいたします。
はじめてのGREテスト (toefl-ibt.jp)

自分にとってのMBA留学とは?

数ヶ月前、ニュースウィークサイトから下記の記事を見つけました。記事の題名は、「経営陣はみな修士号や博士号を持ってます」家庭を犠牲にしてMBAを取るべき?です。
https://www.newsweekjapan.jp/help_wanted/2022/11/mba.php

======================================抜粋開始================================
<大学院に行かなければ数万ドルの節約になるのですが……>

Q:この15年間IT業界でスキルを磨いた苦労が報われ、仕事も私生活も充実しています。夫も私も転職に成功して収入が増え、毎月401k(確定拠出型年金)に上限まで拠出し投資信託を購入しても、まだ余裕があります。

でも1つ不安があります。そろそろ勤め先の幹部候補になれる年齢なのに、大卒の学歴では難しいんじゃないかと思うんです。MBA(経営学修士)の取得は何度も考えましたが、大学院に行かなければ数万ドルの節約になります。うちは子供が小さく、2人目も考えています。勉強するには家族の時間を犠牲にしなくてはなりません。

またGMAT(経済大学院入学全国共通テスト)ですぐに高得点を取る自信はなく、受験勉強の段階でさらに時間とお金の投資が必要になるかも。でも勤務先の経営陣はみな修士号や博士号を持っています。20代のうちに無理をしてでも取っておけばよかった。長期的な収入にMBAは影響しますか?

── 将来の稼ぎが気になる女
===============

A:専門家の意見を聞きましょう。ダニエラ・フロレスは副業を応援するウェブサイト「アイ・ライク・トゥ・ダブル」の主宰者。あなたと同じIT業界で働きながら、修士号なしで戦略的に収入を増やしてきました。

まずMBAは出世に「必要」ではないそうです。フロレスいわく「MBAが絶対に必要なのは、目指すポジションが取得者限定で、本人も学位を取りたい場合のみ」。今後も現在の会社や業界で働きたいなら、目標の地位にいる人に指導を仰いで。勤務先に奨学金などの支援制度があるかどうかも調べましょう。ただし学位が収入アップにつながるとは限らず、大学院以外でもスキルは学べます。グーグルもキャリアアッププログラムを提供しています。

「MBAが必須条件であるポジションを狙い、そのせいで家族との時間が犠牲になるなら、キャリア自体を変えたほうがいい」と、フロレスは勧めています。

──アシーナ・バレンタイン(コラムニスト、スレート誌人生相談員)

©2022 The Slate Group

====================================抜粋終了===================================

上述の例が全ての日本人アプリカントに該当することは無いと思いますが、キャリアの節目にさしかかっていることが読み取れる次第です。「働く人のためのキャリア・デザイン」(書籍)という当方の愛読書の中で、著者である金井教授はキャリアについて以下のように述べております。

「人生における節目の時には、強く意識すべきものがキャリアである」

まさに、留学は皆さんのキャリアの「節目」ですね。過去、現在、そして留学後(未来)の時間軸をどう結び付けながら、皆さんはこの先のキャリアをデザインしていきますか?

このデザインする過程で大切なことは、価値観、やりがい、興味、関心、優先度などを自らがしかと把握することだと思います。これらは、自分が何かを決める際の基準です。それらを把握するためにも、これまでの経験の中でも、自分が成長するにあたっての決定的な瞬間、分岐点、最も誇りに思う業績、克服した課題に関係する実例を考えてはいかがでしょうか?

時間が経過するにつれて、やらなければならない準備作業も増え、じっくりと過去の経験と掘り下げる時間が取れそうにもない・・・と個々の気持ちにも焦りが生じがちです。こうした時にこそ、時間をとって、「自分にとってのMBA留学」について考えてみませんか?

2024年MBA留学(2023年出願)に向けたスケジュール

1/15 (日)に今年初となるMBA出願準備セミナーを実施し、多くのアプリカントの方々にご参加いただきました。MBAに出願する際の最大の難関は、やるべきことをすべて自分のスケジュールに組み込むことになります。仕事はもちろん、ご家庭の事情で、自由な時間が制限される中、出願書類の準備を進めていくことに対して不安を覚える方々もいらっしゃると思います。当日のセミナーでは、これから対応する項目(下記をご参照)をリストアップしました。既に2024年入学に向けた出願作業は始まっており、第一回目の締め切り日(通称:1stラウンド)までは7か月弱となります。まずは、自らの現状を把握し、実現可能なスケジュールを作成し、進捗状況をフォローすることが肝要かと思います。

◆出願準備項目(例)

  • 英語力判定試験 (ex. IELTS / TOEFL)の選択と対策
  • 学力判定試験( GMAT / GRE/ Executive Assessment)の選択と対策
  • MBA卒業後のキャリア目標
  • キャリアの棚卸し
  • 英文レジュメの作成
  • 出願候補先に関する調査
  • 出願校の選定
  • 学校説明会への参加
  • 学校訪問
  • 学校関係者(在校生・卒業生)からの情報収集
  • エッセイ課題の分析
  • エッセイ課題の草案作成→見直し
  • 推薦状課題の分析
  • 推薦者候補の選定→依頼→作成
  • 願書(アプリケーションフォーム)入力
  • 出願スケジュールの策定
  • 面接対策( グループ面談、ビデオインタビュー含)

【MBAオンラインイベントのご案内 1/17 (火)】Learn about International Experience, Exam Strategies and get MBA insights: HKUST x MBA Lounge x Affinity英語学院共催

1月17日(火)にHKUST (香港科学技術大学, MBA Lounge、そして Affinity英語学院の共催によるMBAイベントを実施いたします。当日は飯島学院長も登壇し、テスト対策に関する準備方法についてお話しさせていただきます。

日時:Jan 17, 2023 (Tue) 
時間:
7:00pm – 8:30pm (HKT)
8:00pm – 9:30pm (JST)

形式:Live online via Zoom
*meeting details will be provided by confirmation email

Rundown

  1. Program Introduction by HKUST (English)
  2. MBA Insights by MBA Lounge (Japanese)
  3. Exam Preparation and Tips by Affinity (Japanese)ご予約は下記(↓)のリンクよりお願いいたします。
    IS_23_MBA Lounge x Affinity Webinar_Jan 17 (hkust.edu.hk)

 

【告知協力】12/29(木)11:00-12:00 UCLA Anderson MBA Program R2締切直前オンライン説明会

UCLA Anderson School of Management在校生によるオンライン説明会を日本時間2022/12/29(木)11:00-12:00に開催します!R2締切間近となりますが、「まだAndersonについて話を聞いたことがない」「出願校をもう1校増やそうか迷っている」「エッセイやインタビューについて質問したい」等、締切直前だからこそのニーズにお答えします!

【当日のアジェンダ(仮)】
―学校説明(概要、出願プロセス、受験体験談・Tips等)
―質疑応答(ブレイクアウトルーム形式)
※参加人数等により形式を変更する可能性もございますのでその点ご了承ください。

直前での告知となり恐縮ですが、参加をご希望の方は、事前に以下のフォームより、お申し込みください。

日時:2022/12/29(木)11:00-12:00 (日本時間)
開催方法:Zoom(参加予定者に後日URL送付)
申込みフォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfg-VG8bpIvlkroid2_i7EvOt7eJgB5Mcxl20ivjsIjqvk6wg/viewform?vc=0&c=0&w=1&flr=0

※この学校説明会に都合がつかず参加できないという方、また、個別に在校生とのChatを希望される方は、こちら<https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfRfGZ_cOE3S0IRBMa3mGOUmLdgrba4gvuaB0ED0giNdqT_YA/viewform>より 在校生とのVirtual Chatも随時受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

【告知協力】IESE Dean’s Event in Tokyo on January 12th (Thu) 2023

IESE Business Schoolでは1月、下記の通り、学長来日イベントを実施します。ふるってご参加ください。

Dean’s Event – Role of Business Education in Building More Sustainable Society

教育は、進歩の中心であり、持続可能な社会の発展のための道具です。ビジネス教育は、人々がより良い生活を築き、企業と社会がグローバルに相互接続された課題と機会に対応できるようにするための、善のツールです。本セッションでは、優れた専門家が集まり、企業やビジネス教育が、人々が公正で包括的な社会を作り、持続可能な未来を発展させるための視点、考え方、スキルを身につけるためにどのような手助けができるかを議論します。

日時: 1/12(木)18:30-22:30(日本時間)

18:30-19:00 受付

19:00-19:05 開会 – 加賀谷順一(IESE 企業研修・エグゼクティブプログラム アジア統括)

19:05-19:20 基調講演 – Franz Heukamp(IESE学長)

19:20-19:40 基調講演 – 野田智義 氏(大学院大学至善館 理事長兼学長)

19:40-20:55 パネルディスカッション – 新浪剛史 氏(サントリーホールディングス代表取締役社長)、Sandra Wu 氏(国際航業代表取締役会長)

21:00-22:30 ネットワーキングカクテル

場所: 虎ノ門ヒルズフォーラム(虎ノ門ヒルズ5F)

登録: こちらのページ

注記:

  • 日本在住の卒業生及びIESE MBA Class of 2016の卒業生でもある日本人アドミッションオフィサーの西田(アジア・中東統括、LinkedIn)も参加します。
  • 定員に達し次第、参加登録を締め切る場合があります。

*IESE Business Schoolは、スペインのバルセロナを拠点とした2年制プログラムを提供し、ジェネラルマネジメントと人格教育による「真の国際リーダー・経営者の育成」を目的に掲げており、教授法としてはケースメソッドに重きを置いています。Financial TimesのMBAランキングで世界10位(2022年、ESG分野で世界1位)にランクインしています。

【告知協力】:Cornell MBA 日本人在校生ウェビナー (12/23)

米国コーネル大学ジョンソン経営大学院のMBAプログラムに関して、コース紹介および実体験をもとにQ&Aにお答えするウェビナーを開催させて頂きますので、フォームからご登録の上で奮ってご参加ください。

日時:
12月23日(金) 午前8 ~ 9時 (日本時間)

内容:
1.コース紹介(2年制MBA/Tech)
2.Q&A

申込締切:
12月21日(水) 午後11時59分 (日本時間)

詳細:
https://johnson-japan.jimdofree.com/2022/11/30/cornell-2-year-mba-tech-mba-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E5%9C%A8%E6%A0%A1%E7%94%9Fwebinar-12-23-%E9%87%91-%E9%96%8B%E5%82%AC/

問い合せ先:
cornellmba.japan@gmail.com

【告知協力】:12/10 (土):Tepper Japan Unofficial Webinar

2022/12/10(土)10:00am – 11:30am(日本時間)に、Tepper School of Business
の在校生によるWebinarを開催します。(本Webinar はTepper のAdmission とは関係のない非公式なものです)本機会を利用し、Tepperのこと、Pittsburghでの生活、受験のTipsなど、
受験に向けて気になることを何でもお聞きいただければと思います。

お申し込みは、12/8 (木) 11:59pm までに以下リンク先よりお願い致します↓
https://forms.gle/UwjjTguCmDefEvsz9

なお、本Webinar は、

・お申込みいただいた方に、後ほどWebinar へのアクセス方法を送付しますのでそちらからアクセス下さい。

・日本語で行います。

・在校生(1、2年生 複数名)が参加します。

・上記申込フォーム中の質問は英語でも日本語でも構いません。

・説明会は1時間で終了しますが、質問が多い場合には最大30分まで延長します。

在校生一同、皆様にお会いできるのを楽しみにしております!どうぞお気軽にお申し込み下さい。

お問合せはWebsite(https://www.tepper-japan.com/)よりお願い致します。

Carnegie Mellon Tepper MBA 日本人在校生一同

【告知協力】2022/12/10(土) 11:00-12:00 Michigan Ross: Full-time MBA 説明会(日本語)

2022年12月10日(土)、University of Michigan Ross School of Businessの在校生による Full-time MBAのWeb説明会を開催いたします。

https://japanmichiganross.wordpress.com/2022/11/15/2022-12-10%e5%9c%9f-1100-1200-michigan-ross-full-time-mba%e8%aa%ac%e6%98%8e%e4%bc%9a%ef%bc%88%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%ef%bc%89/

日時:2022年12月10日(土) 11:00am~12:00pm (オンライン、日本時間)

Ross Full-time MBAに通う日本人在校生が、Rossの魅力やアプリケーションプロセスについて
ご説明する予定です。Breakoutでの質問タイムも予定しておりますので、Round2出願に向けて
Rossのことを更に知りたい方はぜひご参加ください。Round 2出願以外の方もお気軽にご参加ください!

参加ご希望の方はこちらよりご登録ください。https://forms.gle/gY5oejBUzUyaN4iH6

参加申込締切: 12月9日(金) 19:00(日本時間)
※ただし、質問事項・テーマの受付は12月4日(日)で締切りとさせていただきます。
参加される方には、前日12/9(金)の夜にZoomのURLをメールにてお送りいたします。