カテゴリー別アーカイブ: MBA出願戦略

【Wharton 学校説明会 11/9】Alumni-led MBA Admissions Information Session: Tokyo

11/9 (土)にWharton School説明会が都内で開催されます。
https://mba.wharton.upenn.edu/event/tokyo/?utm_source=Pardot&utm_medium=email&utm_content=recruiting+email&utm_campaign=wg22-mba-fall-2019

A group of recent graduates from Wharton located in Tokyo cordially invite you to an Alumni-led MBA Information Session. There will be multiple presentations that will help prospective applicants learn about life at Wharton. We hope that this will be an excellent opportunity to ask questions, chat with recent graduates and feel the tight community of Wharton!

Please note: All of the presentations will be done in Japanese.

2020年MBA留学に向けたエッセイ対策準備 ②

前回 (9月5日投稿分)投稿分からの続きとなりますが、Career Goal型エッセイにおいてHow our MBA Program will help achieve your goals?に対して、アプリカントは自らの回答を示さなければなりません。その一方で注意していただきたいポイントは、決して他校との比較論をコンテンツに含まないでください。また上記の回答(出願理由)は、面接試験の際においても”Why did you apply to our school?” と問われること可能性も大です。

例えばXYZ School is the best choice for me because・・・と記した一文を述べたところで、審査官には出願理由(WHY)は伝わりません。こうした文はトピックセンテンスとして多くの出願者が使用します。その伝えたい理由を明確化するためにも、キャンパス訪問履歴や訪問時に抱いた学校や学生、学生の授業態度に対する印象、更には卒業生と関わった経験なども出願理由として使用することが可能です。

出願理由に説得力を与えるためのコンテンツ例を取り上げてみます。

  • Course (Curriculum)
  • Club (outside classroom)
  • Location
  • Guest Speaker Series
  • Case Study
  • Networking (Alumni)
  • Business Competition
  • Business Project/ Study Tour
  • Interaction with admissions officer/students/alumni
  • Campus visit
  • Professor
  • Career Opportunity
  • Current Students

上記コンテンツを字数制限の中でどう表現するかも考えなければならない大切なポイントです。Career Goal型エッセイでも各校で字数が異なりますので、やはり各校のエッセイ課題を分析し、問われているポイントを把握していきましょう。

エッセイ対策を本格化的に準備するにあたり、長年のビジネスパートナーでもあるMBA Admissions ConsultantのAdam Markus氏との共催で下記エッセイ対策セミナーを9月21日(土)と22日(日)を連日に渡って実施致します。詳細は下記urlよりご確認ください。

アメリカ M-7スクール(Chicago, Columbia, Harvard, Kellogg, MIT, Wharton, and Stanford)
https://www.affinity-english.com/mba/application-strategy.html

欧州トップスクール (Cambridge, HEC, IESE, INSEAD, IMD, LBS, and Oxford)
https://www.affinity-english.com/mba/application-strategy0811.html

2020年MBA留学に向けたエッセイ対策準備

9月に入りレジュメ、そしてエッセイ課題に着手していく時期となりました。エッセイ課題は主に   i) Goal、 ii) Leadership、そしてiii) Personalityに分けられます。その中でも特に”How our MBA Program will help achieve your goals?” が問われるGoal型エッセイを考えてみます。これは、MBA用エッセイ課題の中においてオーソドックスなものと言われています。

まずは、これまでに行ってきた自己分析作業レジュメの作成といったプロセスを振り返ってみましょう。MBA取得後の短期目標を達成するため、これまでの職業経験を通して培ってきたビジネススキル、専門知識、国際経験等を土台とし、MBA教育から得られるもの**を積み重ねるといったキャリア発達プランを考えられていると思います。

そこでMBA教育から得られるもの(例)を挙げてみたいと思います。

例:MBA で身に付くこと

  • 経営に関する基礎的な知識・世界共通言語
  • 問題発見、情報収集、問題解決のための手段や方策の立案および実行に関する能力
  • 流動的でグローバルな今日の経済環境に対して迅速な対応力(国際経験)
  • 社会的責任に対する自覚自己表現力・プレゼン力
  • コミュニケーション力
  • 積極性・自主性・前向きに取り組む態度
  • 自分に対する自信
  • タイムマネジメント・時間の有効な使い方を学ぶ
  • ネットワーキング能力
  • グローバルベース・広い視野でモノを見る・考える
  • 集中力・忍耐力

 アドミッション側は上記のCareer Goal型エッセイを通して主に以下のポイントを理解しようと努めます。

a) アプリカントの自らに対する理解度合
b) 目指すキャリアの方向性と現在地との距離感について
c) MBA教育がその距離感を埋める最適である理由
d) これまで関わってきたことに対してパッションを持って取り組んできたかどうか?
e) 現在の自分よりも成長したいと感じているか否か、そして周囲へ影響を与えることが出来るか。

つまりは、自分のキャリアマネジメントに対する分析、評価する視点が求められます。

エッセイ対策を本格化的に準備するにあたり、長年のビジネスパートナーでもあるMBA Admissions ConsultantのAdam Markus氏との共催で下記エッセイ対策セミナーを9月21日(土)と22日(日)を連日に渡って実施致します。詳細はこちらのurlよりご確認ください。

アメリカ M-7スクール(Chicago, Columbia, Harvard, Kellogg, MIT, Wharton, and Stanford)
https://www.affinity-english.com/mba/application-strategy.html

欧州トップスクール (Cambridge, HEC, IESE, INSEAD, IMD, LBS, and Oxford)
https://www.affinity-english.com/mba/application-strategy0811.html

HBS Information Session in Tokyo (2019年6月15日)

6月15日(土)にHarvard Business Schoolの説明会が都内で開催されます。

日程:Saturday, June 15, 2019
時間:10:00 AM until 01:00 PM

場所:Fukuracia Tokyo Station
Asahi Seimei Otemachi Building
Conference Room D
6th Floor
Otemachi 2-6-1, Chiyoda-Ku Tokyo
Tokyo
Japan

【2020年9月入学用出願締め切り日】Harvard Business School

Harvard Business Schoolの2020年入学用( Class of 2022)の締め切り日が発表されました。
現時点ではEssay課題等についての発表はありませんが、同校は今シーズンも「2 Round制」を用います。

Round 1:2019年9月4日
合否発表日:2019年12月10日

Round 2:2020年1月6日
合否発表日:2020年3月31日

注意)Application submitted online by 12 noon Boston time:
https://www.hbs.edu/mba/admissions/Pages/application-dates.aspx

同校への出願を考えている受験生の方は、自らのカレンダーに同校の出願締め切り日を明記しておいてください。大型連休が終わり、5月も中盤に差し掛かろうとしています。エッセイ、推薦状、面接対策などに必要な準備時間もトータルで考えた上で、今後の出願スケジュールを考えていきましょう。

【2020年度 MBA 入学用出願締め切り日】: IMD

IMD MBAプログラムへの出願の際に必要なテストスコアはGMAT もしくはGREスコアのみでしたが新たにTOEFL or IELTSスコアの提出が求められることになりました。
https://www.imd.org/mba/admissions/one-year-mba-program-admission-criteria/

TOEFL/IELTS: the entire program is taught in English. If English is not your native language and you have not previously studied in English, then you will need to submit a TOEFL or IELTs score. There is no minimum requirement. Ideally, we recommend 108+ on the TOEFL (IBT) or an IELTS score of 7.5 or above. Our TOEFL IBT Code is – DI (C301).

IMDの出願締め切り日や結果発表日は以下の通りです。
https://www.imd.org/mba/admissions/one-year-mba-program-admissions-process/

2019 Application Deadline Interview Decision Final Decision
February 1
February 15
March 29
May 1
May 15
June 26
August 1
August 15
September 26

 

Should You Take the GMAT or the GRE for Business School?

Vanderbilt University, Owen Graduate School of Managementサイトより”Should You Take the GMAT or the GRE for Business School”と題した記事をご紹介いたします。
https://business.vanderbilt.edu/news/2018/07/12/take-gmat-gre-business-school/

2020年の留学に向けた準備も始まっておりますが、Affinity英語学院では本格的なテスト対策を開始する際には以下の組み合わせオプションを共に受験生の方々と考えております(一部のMBAプログラムではIELTSやGREスコアの提出を認めていないプログラムもあります)。

・TOEFL &GMAT
・IELTS & GMAT
・TOEFL& GRE
・IELTS ‘&GRE

MBA受験界においては長年に渡り、TOEFL & GMATの組み合わせを主流とする考えが定着していましたが、今ではIELTSやGREスコアの提出を許可するビジネススクールが増えました。よって、ここAffinity英語学院ではIELTSやGREスコアを使って出願するアプリカントの方々も増えており、志望校合格を果たしているケースも決して少なくはありません。

本日のポイントは、自分のバックグラウンド等に合ったテストを選ぶことから、出願準備をスタートすることを念頭に考えていきましょう!

==========================
“Should You Take the GMAT or the GRE for Business School?”

Everything you need to know about the entrance exams for business school

Years ago, there was only one answer to what exam you should take when applying to business school: the Graduate Management Admissions Test, commonly known as the GMAT. Over the past few years, the Graduate Record Examination, or GRE, has become accepted at more business schools as well.

Preferences for the GMAT vs. the GRE vary from school to school, and even program to program. After all, MBA, Master of Science in Finance, Master of Marketing, and Master of Accountancy are looking for slightly different applicants, so it stands to reason that they have slight different guidelines for test scores as well.

No matter what business schools or program you’re applying to, here’s what to keep in mind as you choose a test and prepare to take it.

You don’t have to take both tests.

The GMAT is pretty much accepted universally at all business schools. However, admissions committees have come to realize that applicants may also be applying to other non-business graduate schools that require the GRE and do not accept the GMAT. For this reason, more than 1,200 business schools now accept the GRE to help applicants avoid taking both tests.

“If you have a GRE score because you’re applying to other graduate programs, we don’t want you to have to take both the GRE and the GMAT,” said Consuela Knox, Director of Admissions Operations & Diversity Recruiting.

Your GRE score will probably be converted.

Educational Testing Service (ETS), the company behind the GRE, offers a conversion tool to translate GRE scores into equivalent GMAT scores. This conversion allows admissions committees to accurately compare scores from applicants who took different tests using the same scale. If you’re submitting a GRE score, know that there’s a good chance it will be converted during the admissions committee process.

Not every business program prefers the GMAT.

More quantitative programs, such as MBA and Master of Science in Finance (MSF), usually do prefer the more quant-heavy GMAT exam. However, other programs, such as Master of Marketing, actually like the way the GRE emphasizes verbal reasoning and creativity. Others, such as Master of Accountancy, don’t necessarily have a preference between the two exams.

“There’s more quantitative work on the GMAT, so given that the MSF program involves more quantitative courses, that makes a difference,” said Cherrie Wilkerson, Assistant Dean for Young Professional Programs. “(However,) for the Master of Marketing, they favor the GRE because it’s more qualitative and verbal-based and it makes more sense for students who are choosing the marketing function…a quant score doesn’t measure (creativity).”

All the sections are important.

High scores on one section don’t compensate for low scores in another. Some programs — such as MBA or Master of Science in Finance — will place more emphasis on the quantitative scores, while other programs like Master of Marketing will look more closely at your writing and reasoning sections. However, a really high score in one section will not offset a really low score in another, no matter what program you’re applying to — and admissions committees for business schools normally don’t superscore (which involves taking the highest scores from multiple tests), so keep that in mind.

It’s about whether or not you will succeed in the program.

In many cases, admissions committees are looking for reasons to admit applicants — but they won’t be helping the school or the student if they admit candidates with low tests scores who will struggle with the academic load, or (even worse) fail out. “Ultimately, you have to be able to handle the academics in the program…we’re looking at all the parameters we have to make sure you will be successful in the program, whether that’s GRE, GMAT, GPA, etc.,” Knox said. 

“You want a student to be successful when they get here. If they’re not over 50 percentile, they’re going to struggle, and we’re taking their money and their time…that’s where we are at the end of the day: Can we help this student in their career? If they can’t do the quant work in most of our programs here, they’re just not going to be successful,” Wilkerson explained.

Remember that the test is just one part of your application.

Admissions committees for every business school program evaluate candidates holistically, so if you didn’t get your ideal score, remember that you still have your essays, rec letters, and the interview ahead of you. As long as you’re within the school’s middle 80% range of test scores, you still have a good shot at getting in. “The test score is one component among many,” Wilkerson emphasizes.

MBA Interview Workshop held in Tokyo during January 2019

Affinity英語学院は2019年1月14日(祝・月)にAdam Markus氏、John Couke氏と共にMBA Interview Workshopを開催いたします。

各エキスパートの指導経験から多くを吸収していただき、来るべき面接試験を突破いただけるよう関係者一同応援しています。

MBA Interview Workshopの詳細につきましては、下記をご一読ください。
===============================
Interview preparation is a very, very important part of the MBA application process. We’re happy to announce that we will be co-hosting an interactive MBA Interview Workshop with our colleague Adam Markus and John Couke during the month of January.

Proactive Interview Preparation:
In the first part of the workshop, we will describe and practice (in groups and with instructors) a method of interview preparation that many applicants have used to gain admission to the world’s top MBA programs.

Our objective is that you become better at preparing for MBA interviews, by focusing on your own stories and key points and practicing those, rather than working from a script. At its core, proactive interview preparation is based on thinking about your message, no matter what the question. You don’t know what you will be asked, but you do know your message. Being ready for the unexpected is thus incorporated into the very method itself because you don’t focus on preparing for answering specific questions, but rather for knowing things you want to discuss about yourself.
For more about proactive interview preparation, see http://www.adammarkus.com/mba-application-interview-strategy-4/

Active Listening:
We will then focus on enhancing your ability to listen and engage with others during an interview. While it is important to know what you want to say, it is equally important to focus on having a conversation during an interview. Based on our experience, interviewees don’t always actively listen enough. Sometimes they just focus on speaking and speaking too much at once. By focusing as much as on what the other person is saying as on what you want to say, you can better connect with an interviewer, which is critical for making a positive impression. For some kinds of interviews, such as Wharton’s Group Interview, active listening is critical because you have to engage with other members of your interview group.

Contents:
1. General Introduction: what is being assessed
2. Active Listening Group Exercises
3. Strategies – Small Talk: looking comfortable, connecting
4. Strategies – self-introduction
5. Non-verbal communication
6. Practice
7. Why MBA now
8. Strengths and weaknesses
9. Story-telling
10. Wrap-up (key messages and Q&A)

Recording: We encourage you to audio record the workshop. To protect your personal information please do not reveal anything about yourself that you would be uncomfortable having recorded by others. Therefore, changing the name of your company, clients, etc. is highly advised during participatory parts of the workshop.

受講料:27,000円(税込)※入学金は不要です。

担当
Adam Markus(Graduate Admissions Guru)
John Couke(MBA Admissions Consultant)
Tetsuya Iijima(CEO of Affinity English Academy)

日程:2019年1月14日(月・祝)13時15-16時45

定員:30名(最少催行人数20名)

会場:エッサム神田2号館 (東京都千代田区神田鍛冶町 3-2-2)
http://www.essam.co.jp/hall/pdf/essam_access_2.pdf

お申込み:Email: info@affinity-english.com

【告知協力】「Cornell MBA 在校生・卒業生によるウェビナー」のお知らせ

Cornell MBA 在校生・卒業生による、MBA 受験生の皆様を対象としたウェビナーを開催します。参加をご希望の方は下記お申込用URLからお申し込み下さい。

コーネル大学ジョンソン経営大学院は、近年ではNYCにあるコーネルテックを中心にテック分野に注力しているほか、従来からのファイナンス・サステナビリティといった強みに加え、ホテルスクール・リアルエステート分野との連携など、総合大学ならではの豊富なカリキュラムを提供している米国トップスクールの一つです。

ウェビナーでは、事前に皆様より頂いた質問や興味のある分野について、以下の在校生・卒業生から直接回答をさせて頂きます。来年度以降の出願を検討されている皆様も、ご気軽にご参加ください。

日本人在校生は、2018年度は計4名(うち1名、US Citizen)在籍。少人数で運営しているため至らぬ点もありますが、どうか暖かく見守っていただけますと幸いです。

日時

  • 2-YEAR MBA

第一部 9月15日(土) 午前10時~11時 (日本時間)

・大貫冬斗(私費、男性、Class of 2019、ホテル業界)

・井上泉(社費、男性、Class of 2018、自動車業界⇒M&Aコンサル)

・鈴木あゆみ(私費、女性、Class of 2019、スタートアップ経営者)

第二部 9月22日(土) 午前10時~11時 (日本時間)

・大貫冬斗(私費、男性、Class of 2019、ホテル業界)

・堀内晴(社費、男性、Class of 2018、証券会社)

・太田和彦(私費、男性、Class of 2016、不動産デベ⇒戦略コンサル⇒スポーツビジネス)

※第一部・第二部どちらかに参加頂くことになります。

  • Tech MBA

9月17日(月・祝) 午前10時~11時 (日本時間)

・鈴木あゆみ(私費、女性、Class of 2019、スタートアップ経営者)

・新免卓也(社費、男性、Class of 2018、総合商社)

※海外からご参加いただくことも可能です。

※2-YEAR MBA、Tech MBAの両方のセッションにご参加いただくことも可能です。

※各回、最大10名程度を想定しております。尚、12月頃にも同様のウェビナー開催を予定しております。

お申込用URL https://goo.gl/forms/a7ag651Y1ZqPIxMi2

※当日参加予定の在校生・卒業生のバックグラウンドについては、在校生サイトMBA Student Voiceにて詳細を公開しております。ご確認の上、お申込ください。

問い合せ先:
・大貫冬斗 (2Y MBA, Class of 2019) / fo53@コーネル.edu
・鈴木あゆみ (Tech MBA, Class of 2019) / as3785@コーネル.edu

コーネルMBA日本人在校生サイト: https://johnson-japan.jimdo.com

 

キャリアの棚卸しとレジュメの作成

明日からは8月を迎えますが、2nd Round出願へ向け、GMAT/GREを初めて受験する方々も多いのではないでしょうか。この時期は、出願校の選択、出願時期、キャンパス訪問、エッセイや推薦状を中心とする書類作成の手順などに関する相談を承らせていただいております。

そこで、本日は出願準備に際して最初に着手する書類となるレジュメについて述べたいと思います。

ご存知の通り、出願用レジュメから、入学審査官は主に出願者

1)リーダーシップ
2)コミュニケーション力
3)キャリアの発展状況

を確認します。

例えば、皆さんがリーダーシップ(スキル)を考える際には、共通の目標に対して専門家を含む関係者を纏めた経験、現状の課題解決へ取り組む過程でチームの課題を発見したこと、作業の優先順位を決め、成功へと導いたことなど、それぞれが様々な事例(ネタ)をお持ちのことと思います。さらに、後輩社員(職員)の教育指導を担当したなどのエピソードもレジュメ用コンテンツの候補となります。また、社内で勉強会を立ち上げ、運営しているといった実例も可です。

■jargon(ジャーゴン)

ある職種の関係者のみでしか通用しない用語(他の職種の方々には意味が伝わらない言葉)をジャーゴンと呼びます。レジュメ用コンテンツを書き纏める際には、そうしたジャーゴンを除いてください。

レジュメを作るためにも、自らのキャリアを棚卸し作業が必要です。

まずは下記3項目ごとに分けて、その作業をスタートさせていきましょう。

1) 学生時代の活動と実績

2) 課外活動(趣味等の経験も含む)

3) 職業実績

以上簡潔ではありますが。この時期にレジュメを作ることで、今後、学校関係者(在校生や卒業生)とコミュニケーションを取っていく上での自己紹介(PR)ツールとしても活用いただけます。

「テスト対策に時間を割いてきたので、キャリアの棚卸し作業等をスタートさせていない・・・」という方は、ご相談をお寄せください。