カテゴリー別アーカイブ: U of Pennsylvania (Wharton)

【告知協力】:学校説明会(7/9) : Wharton School

Affinity英語学院の佐取です。本日はWharton School在校生で元Affinity受講生の方より学校説明会のご案内を頂戴しましたので共有いたします。

============================ご案内文==========================================

7月9日(木)日本時間午後9時よりWharton SchoolのAdmissions OfficeとWharton Japan Clubで共同して日本からMBA受験を考えている方々向けにZoomでInfo Sessionを開催します

1時間のプレゼンテーション・Q&A(英語)の後、日本にいる卒業生との交流セッション(日本語)を設けておりますので、ご興味があれば是非以下のリンクからご登録いただければ幸いです。

今年受験予定の方は勿論、将来MBA受験を検討したい方も是非お気軽にご参加下さい。

https://www.cvent.com/c/express/a8f745b9-32de-4d35-8a42-59c7426d2ea9

==============================================================================ご参考までに今シーズン用のエッセイ課題は既に発表されております。下記のリンクよりご確認ください。
https://mba.wharton.upenn.edu/mba-application-requirements/#1582746959986-d4b6f7da-ee43

Essay 1: What do you hope to gain professionally from the Wharton MBA? (500 words)

Essay 2: Taking into consideration your background – personal, professional, and/or academic – how do you plan to make specific, meaningful contributions to the Wharton community? (400 words)

これらの課題に対して的確に回答するためにも、同校が提供する教育リソースや機会等をしっかりと把握しておきましょう。Admissions Office (入学審査事務局)との共同開催とのことから、同校への理解を深める絶好のチャンスです。ぜひ、ご参加ください!

Wharton MBA: Quantitative Finance Major

Wharton Schoolでは来年度から、同校の卒業生であるBruce Jacobs氏による多額の寄付により、Quantitative Financeの専攻がカリキュラム上の選択肢に加わります。そして優秀な学生(2年生)には25,000ドルの授業料奨学金が提供されることが発表されました。

こうした新しい専攻(Major)のもとで、学生は金融経済学の知識を証券価格や資産運用へと適用する能力を高めていきます。またこの新専攻のカリキュラムは会計学から統計学、オペレーション、情報、意思決定分野へと多岐な学術内容を網羅します。さらには、エンジニアやコンピューターサイエンスのバックグランドを持つ学生がファイナンスの知識(定量的な資産管理と取引、金融工学、リスク管理など)を取得すると同時にリーダーシップ力を磨くための場としても期待されています。

https://news.wharton.upenn.edu/press-releases/2020/04/new-quantitative-finance-major-and-dr-bruce-i-jacobs-professorship-and-scholars-mark-new-chapter-in-quantitative-finance-research-and-education-at-the-wharton-school/

【Wharton 学校説明会 11/9】Alumni-led MBA Admissions Information Session: Tokyo

11/9 (土)にWharton School説明会が都内で開催されます。
https://mba.wharton.upenn.edu/event/tokyo/?utm_source=Pardot&utm_medium=email&utm_content=recruiting+email&utm_campaign=wg22-mba-fall-2019

A group of recent graduates from Wharton located in Tokyo cordially invite you to an Alumni-led MBA Information Session. There will be multiple presentations that will help prospective applicants learn about life at Wharton. We hope that this will be an excellent opportunity to ask questions, chat with recent graduates and feel the tight community of Wharton!

Please note: All of the presentations will be done in Japanese.

【2020年入学締め切り日】University of Pennsylvania (Wharton School)

Wharton Schoolの出願締め切り日が発表されました。
https://mba.wharton.upenn.edu/application-timeline-deadlines/

                         Application Deadline                     Interview Invitation            Decisions
Round 1:       September 17, 2019                      October 29, 2019                December 18, 2019

Round 2:       January 7, 2020                               February 13, 2020              March 26, 2020

Round 3:       April 1, 2020                                     April 16, 2020                     May 8, 2020

To be considered for a round, you must submit a completed application by 5:00 p.m. Eastern Time (ET) on the day of the deadline.

【告知協力】:Wharton MBA 在校生によるウェビナー開催のお知らせ

受験生の皆様、こんにちは。Wharton School の日本人在校生一同です。
この度、受験生の皆様向けに、 12 月 2 日にオンラインでのウェビナーを開催します。

日時
第一部 12月 2 日(日) 12 時~13 時 (日本時間)
第二部 12 月 2 日(日) 23時~24 時 (日本時間)
第一部・第二部どちらかに参加頂くことになります。海外から参加頂くことも可能ですので、時差をご確認の上 お申し込みください。

形式
Skype にて、皆様から事前に頂いた質問を中心に、Q&A 形式で進めさせて頂きます。下記申し込みフォー ムに質問を自由にご記載ください。当日の追加質問にも時間の許す限りお答えさせて頂きます。在校生数名が参加し、出願対策から Wharton でのアカデミック・課題活動・生活環境等、ざっくばら んにお話しする機会となれば幸いです。

申し込み方法
第一部・第二部どちらかを選択頂き、下記 URL からお申込みください。ご登録頂いた方に後日参加 URL を送付致します。

第一部 https://goo.gl/forms/UOkXkqwt39vagbgJ3
第二部 https://goo.gl/forms/lZSiU4n2FwNsVviw2
※各回最大 10 名の参加枠とし、先着順で締め切らせて頂きますので予めご了承ください。
お問い合わせ先:
Sachie Tanaka / Class of 2019 : whartonjapan.webinar@gmail.com

【2019年9月入学用エッセイ課題】University of Pennsylvania (Wharton)

Wharton Schoolからエッセイ課題が発表されました。
https://mba.wharton.upenn.edu/mba-application-requirements/

First-time applicants and re-applicants are required to complete both essays.

The Admissions Committee wants to get to know you on both a professional and personal level. We encourage you to be introspective, candid and succinct. Most importantly, we suggest you be yourself.

Essay 1: What do you hope to gain professionally from the Wharton MBA? (500 words)

上記の問いに回答する際には、まず下記1-4の項目を挙げてみましょう。
1. Career Analysis
2. Why MBA
3. Short-term and Long-term goal
4. Why this particular school

Career Analysisに関して考える際は、これまでの職業経験を通じて身に付けた「専門性」や「スキル」を書き出すところから開始していきましょう。それら(専門性やスキル)は、短気目標 (Short-term goal/Immediate Goal)を達成する上でのファンデーションとなります。その上にMBA教育、さらには留学経験を通じて得られるものを積み上げ、上記目標を達成することを目指します。

Why MBA?に対して考える際には、ここ1-2年間の仕事を通じて上記目標を考えるに至った転期について考えてみましょう。その期間の中で(自分は)どういった仕事に関わりましたか?、その経験の中でどういった気づきや学びを得ましたか?

Wharton Schoolが(特に)短期目標するため最適な教育環境であることを読み手へ伝えなければなりません。関係者(在校生、卒業生、審査官)との恋流から学んだこと、気づいたこと、再認識したことはありますか?また、その他の教育機会(専攻、科目、プロジェクト、リーダーシップ開発プログラム、交換留学プログラムなど)に対して調べた感想は書き纏めてみましたか?

その他の教育機会でもあるクラブ活動への参画、またさらにはフィラデルフィアでの生活経験から得られることなど、パーソナルな目標に関しても書き出してはいかがでしょうか?ご存知のとおり、Business Schoolの教育環境は社交の場という側面をも持ち合わせます。自分の同級生となる方々とどういった時間を過ごしていくかを考えることで、より同校への親近感も湧いてくるものと思います。そうした自分が学生になった時のイメージを明確にするため、在校生や卒業生との交流機会を有効に活用してください。

Essay 2: Describe an impactful experience or accomplishment that is not reflected elsewhere in your application. How will you use what you learned through that experience to contribute to the Wharton community? (400 words)

Wharton Schoolは互いが学び合う関係性を醸成する校風と謳われています。 今回の課題に対するアプローチ法として、自らが所属している(した)チームが直面した問題を思い返し、その問題に対して自らが他のメンバーと協力する様子(自身の役割や行動内容も含む)を描き、最終的にはその問題を解決へと導いた様子を思い出すところからスタートしてはいかがでしょうか。

たとえば、自らが中核メンバーとして新規プロジェクトを立ち上げた経験を持っていれば、そうした経験に関する事例(他の学生にとっては教育リソースです)を周囲の学生と共有することも可能です。そうした経験がない学生にとっては、「周囲に働きかける力」、「他のメンバーを鼓舞する力」、「プロジェクトをマネジメントする力」、「プロジェクトに関する戦略立案、計画、行動、実行力」等が大変印象に残るのではないでしょうか。

そうしたプロジェクトを推進し、成功へと導く背景には、時にはモチベーションが上がらない後輩メンバーのやる気を喚起した、新たな知識を他のグループメンバーと共有するためスタディー・グループを立ち上げ、運営するといった人材に対する育成力もマネジメント力と同時に発揮されたかもしれません。

自らのエピソードを選定する際は、Wharton Communityにおいて自分はどういった役割を担っていきたいのかを考えてみましょう。また、自分の経験はどのような機会の場において共有されますか?こちらの課題に対するコンテンツを書き始める前には、同校での教育機会を入念に調べておく必要がありそうですね。

Additional Question (required for all Reapplicants):

  • Explain how you have reflected on the previous decision about your application, and discuss any updates to your candidacy (e.g., changes in your professional life, additional coursework, extracurricular/volunteer engagements). (250 words)*

*First-time applicants may also use this section to address any extenuating circumstances. (250 words)

【2019年9月入学用出願締め切り日】U of Pennsylvania (Wharton)

2019年9月入学用の出願情報が発表されました。
https://mba.wharton.upenn.edu/application-timeline-deadlines/

Round 1
Application due: September 18, 2018
Interview Invitations: October 30, 2018
Decision released: December 13, 2018

Round 2
Application due: January 3, 2019
Interview Invitations: Feberuary7, 2019
Decision released: March 21, 2019

Round 3
Application due: April 2, 2019
Interview Invitations: April 18, 2019
Decision released: May 9, 2019

本日(5/4:日本時間)の時点では、New Essays for the 2018-2019 application cycle will be published soonの状態です。

English Language Tests
The Test of English as a Foreign Language (TOEFL) or the Pearson Test of English Academic (PTE) is required for non-native English speakers with limited exposure to English. All international applicants whose native language (language first learned and spoken at home) is not English, or who did not complete a degree from an institution where English was the language of instruction, are required to take the TOEFL or PTE. If you earned a bachelor’s or master’s degree from an institution at which English is the language of instruction, the test may be waived.
https://mba.wharton.upenn.edu/mba-application-requirements/

ここ数年間にIELTSスコアを審査材料として用いるスクールが増えてきましたが、Wharton Schoolでは2018-19シーズンにおいてもTOEFLもしくはPTEで出願することになります。

【学校説明会】「Wharton MBA卒業生による学校説明会2017」

Wharton School卒業生主催の学校説明会が下記日程で開催されます。
ご予約は下記のリンクよりお願い致します。
↓               ↓            ↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfhl3weYrd1e0R-BBUivNjKTPNkTkeUiuLt2QcAHID08anfKQ/viewform?c=0&w=1

【イベント詳細】
◆日時:2017 年 8 月 6 日(日)13:30 開場、14:00 開始、16:00 頃まで(途中退席可)
◆場所:グローバルビジネスハブ東京 (東京都千代田区大手町 1 丁目 9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 3F、大手町駅直結。https://www.gbh-tokyo.or.jp

【2018年9月入学用 Essay課題】 U of Pennsylvania (Wharton)

Wharton Schoolのエッセイ課題が発表されました。
https://mba.wharton.upenn.edu/mba-application-requirements/

Essay 1:  What do you hope to gain professionally from the Wharton MBA? (500 words)

Essay 2: Teamwork is at the core of the Wharton MBA experience with each student contributing unique elements to our collaborative culture. How will you contribute to the Wharton community? (400 words)

Additional Question (required for all re-applicants):

Explain how you have reflected on the previous decision about your application, and discuss any updates to your candidacy (e.g., changes in your professional life, additional coursework, extracurricular/volunteer engagements). (250 words)*

*First-time applicants may also use this section to address any extenuating circumstances. (250 words)

【2018年9月入学用出願締め切り日】 U of Pennsylvania (Wharton)

Wharton Schoolの出願締め切り日が発表されました。
https://mba.wharton.upenn.edu/application-timeline-deadlines/

◆1st Round
Application due: September 19, 2017
Decision released : December 14, 2017

◆2nd Round
Application due: January 3, 2018
Decision released : March 29, 2018

◆3rd Round
Application due: March 27, 2018
Decision released : May 10, 2018

If you need to apply for a student visa to study in the United States, we recommend that you apply in Round 1 or 2.