11 new courses of Nothwestern, Kellogg

各校では2017年度に向け、カリキュラム改訂も進んでいます。そした中、Northwestern University, Kellogg School of Managementでは新コースが発表されました。
http://www.kellogg.northwestern.edu/news_articles/2016/11092016-kellogg-new-curriculum-courses.aspx

KACI-950-5:
 Human and Machine Intelligence
 (Adam Pah, Spring 2017)

Human and Machine Intelligence delves into new research findings on artificial intelligence and the applications for modern business leaders. Using sophisticated AI programs like IBM’s Deep Blue and Google’s AlphaGo, this course will develop students’ data science skills and teach them to apply “human+machine thought partnerships” to grow businesses.

“While there are many examples of machines outperforming humans at some tasks, its less clear when machines can augment human decision-making and creativity,” said Adam Pah, Clinical Assistant Professor of Management & Organizations. “We will focus on how students can leverage machine intelligence, while discussing the possibility and limitations of machine-learning to enhance their output and performance beyond a human or machine alone.”

KIEI-967-0:
 Launching and Leading Startups
 (Brad Morehead, Winter 2017; Carter Cast, Spring 2017)

Launching and Leading Startups examines some of the most challenging and pervasive problems faced by entrepreneurial CEOs – including evaluating markets, developing products, mitigating risk, and creating effective go-to-market strategies while leading teams and managing boards from the CEO “hot seat”.

“Our Kellogg Innovation and Entrepreneurship Initiative leadership team realized there was an opportunity to offer a broad survey course for innovative, entrepreneurially-minded students who want to gain exposure to entrepreneurship,” said Carter Cast, Clinical Professor of Innovation & Entrepreneurship. “This will be a good class for students who are curious about entrepreneurship and who think they may pursue an entrepreneurial endeavor in the near future, whether through starting their own business, acquiring a business or joining an early-stage startup.”

MKTG-918-5:
Consumers, Culture and Leadership (Greg Carpenter, Fall 2016)

Consumers, Culture and Leadership explores how firms develop a deep understanding of customers, how leaders can create more agile, innovative organizations and how leaders can create new markets, redefine existing ones and deliver value to demanding buyers.

“Much of the thinking behind customer centricity was developed at Kellogg and remains central to our distinctive approach,” said Greg Carpenter, James Farley/Booz Allen Hamilton Professor of Marketing Strategy. “The timing seems right to offer a new course to more formally explore the rising influence of consumers, how organizations are transforming their culture to focus more on consumers, and successful leadership models for customer-centric firms.”

KPPI-957-0:
Business of Social Change (Megan Kashner, Winter 2017)

Business of Social Change studies a singular social issue to help students understand the causes, measurement, levers and outcomes inherent to the business of social change work. With this term’s focus on uneducated and unemployed American youths, students will hear from guest speakers including policy experts, large-scale employers of youth, impact measurement experts and experts on labor, detention and workforce development.

“We’ve added this new course to provide students with the foundational tools and approaches to follow a social or sustainability challenge from etiology to measurement to levers for change and impact,” said Megan Kashner, Clinical Assistant Professor in the Kellogg Public-Private Interface. “Students will complete this course with the skills to determine the roots of a problem and the paths to large-scale and market-driven change.”

Other new courses for the 2016-2017 academic year include:

合格に必要な要素

この時期は1月や2月の締切日で出願された受験生が世界各国で面接試験を受ける一方で、嬉しいお知らせ(合格報告)も届き始めております。

自身で納得がいくスコアを取ることで、気持ちと時間に余裕が生まれ、レジュメ、エッセイ、推薦状の質を向上させるために労力を注ぎ、出願先の関係者との交流にも熱が入り、そうした経験がエッセイやインタビュー用コンテンツに反映されます。このように、各対策項目を点ではなく線で捉えて準備を進めていくためは、モチベーション、気持ちの切り替えといった心理的要素も鍵を握っていると思います。

担当受験生の支援を継続していく中で、個々の気持ちの持ちようがテストスコア等の対策準備に影響を及ぼす場面を多々目の当たりにしてきました。「合格するために何が必要ですか?」と問われこともありますが、私は以下の3つの基本要素が必要だと思います:1) 試験に対する自らの準備度合い、2) 実力、3)心理的な要素(モチベーションなど)が合致した時こそ、出願準備プロセスで訪れる決定的な局面(例:絶対にスコアアップが必要な場合)を乗り越えられると思います。まさに、「勝負力」と言っても過言ではないと思います。

【告知協力】Chicago Booth Coffee Chat 開催のご案内 (3/26)

在校生の皆様よりCoffee Chatのご案内をいただきました。

3/26(日) Chicago Booth Coffee Chat 開催のご案内
The University of Chicago Booth School of Business (Chicago Booth) の在校⽣・卒業⽣によるコーヒー チャットを開催します。
出願に関する経験やアドバイス、授業、課 外活動、就職活動、シカゴでの⽣活などについて、お話させて頂ければと思っております。

⽇時︓3 ⽉26 ⽇(⽇) 10:00AM〜12:00 PM
場所︓Dimensional Fund Advisors Tokyo Office 千代⽥区丸の内3‐1‐1 国際ビル Suite 808

ご参加頂ける⽅は下記リンクより事前申込 をお願いいたします。

また、在校⽣によるブログを公開していま す。情報収集にぜひご活⽤下さい。

Chicago Booth にご関⼼のある⽅は、奮ってご参加下さい!

【告知協力】神山財団奨学金イベント

Ed義塾様より、神山財団奨学金に関するイベント開催のご案内を頂戴しました。
http://www.kamiyama-f.jp/

KAMIYAMA FOUNDATION SCHOLARSHIP EVENT
・日程: Sunday, Mar. 12th

・時間: 1830-2030
・場所: PCM Tokia Building Marunouchi 1F http://www.cardinal-japan.com/restaurant/pcm/
・費用: 2500 yen

上記イベントへのご参加を希望される方は、下記urlよりお問い合わせください。
http://www.edogijuku.com/contact.html

 

New Dual Degree Program (Int’l law) with Fletcher School & U of St. Gallen in Switzerland

Tufts University (Fletcher School) より新デューアル―・ディグリープログラムが発表されました。
http://now.tufts.edu/articles/fletcher-school-offers-new-degree-programs

以下はFletcher Schoolのホームページより抜粋です。

International Law

The new dual-degree program with the University of St. Gallen will allow students to earn both a master of laws degree in international law (LL.M) from Fletcher and a master’s degree in international law (MIL) from St. Gallen after 18 months to two years of study, depending on course selection. The program started accepting students this fall.

St. Gallen specializes in law, business and international affairs. The executive director of Fletcher’s LL.M Program, John Burgess, has taught at both schools and helped create the new program, in which students will study at both institutions.

留学期間は18ヶ月、そして2つの修士号を取得し欧米に滞在できる点、さらにはインターンシップンの内容など、自らのキャリア開発目的と照らし合わせてください。

 

 

2月以降の締切日:米国ロースクール(LL.M. Degree)編

2月以降でも間に合う米国LL.M.プログラムをいくつか紹介させていただきます。

UCLA
2017/2/15
https://law.ucla.edu/llm-sjd/llm-program/apply/

Fordham University
2017/3/1
https://www.fordham.edu/info/21170/apply/5170/deadlines

Indiana University
2017/3/1
http://www.law.indiana.edu/what/professional-careers/graduate-degrees/admission/apply-llm-mcl-sjd.shtml

University of Southern California
2017/3/1
http://weblaw.usc.edu/how/gip/llm/onlineapplicationstatus.cfm

University of Texas, Austin
2017/3/1
https://law.utexas.edu/master-of-laws/application-information/

George Washington University
2017/3/15
https://www.law.gwu.edu/admission-deadlines-and-key-dates

Boston University
2017/4/15
http://www.bu.edu/law/admissions/llm-admissions/llm-degree-applicants/

University of Minnesota
2017/4/15
https://www.law.umn.edu/admissions/llm-admissions/how-apply

Vanderbilt University
2017/4/30
https://law.vanderbilt.edu/prospective-students/llm-program-/llm-admissions-process.php

Emory University
Applications are considered for fall on a space available basis through June.
http://law.emory.edu/admission/master-of-laws/index.html

Boston College
We accept applications on a rolling basis. We encourage you to apply early in the process.
https://www.bc.edu/bc-web/schools/law/admission-aid/llm-program/llm-admission.html

 

合格体験談

こちらの受講生は、「努力」+「計画」+「調査」+「行動」、そして「実行」と、MBA受験に向けてやるべきことを着実にこなされていったことが、ご本人にとって最良の結果へつながりました。

1、概要
留学ガイダンス・プログラムを、佐取先生のエッセイカウンセリングという形で活用しました。純ドメで英語でのコミュニケーションにやや不安感があり、満足できるエッセイを仕上げるには日本語でのディスカッションが必要と考えたことから、佐取先生と外国人の2名をエッセイカウンセラーとしました。

2、受講理由
2016年3月頃から、その頃はIELTS・GMAT学習に専念していましたが、エッセイカウンセラーの選定を意識し、HPや会社のMBA取得者の報告書等で情報収集を始めました。佐取先生は、前年にカウンセリングを受けた、同じ会社の先輩に紹介してもらいました。2016年5月にJohn Couke氏との合同セミナーに参加しましたが、この時点ではIELTS・GMAT学習中だったため、参加して雰囲気を知った程度でした。GMATが終了した6月から本格的に検討を開始し、佐取先生と面談をさせて頂き、親身な対応が信頼できたこと、志望校のCambridge Judge Business Schoolの実績があること、外国人カウンセラーと協働してカウンセリングをされた経験があること、からカウンセリングを申し込みました。

3、受講内容(エッセイ)
当初の2回ほどで、CVと日本語によるエッセイのネタ出しを行い、以降は志望校だったCambridge Judge Business Schoolのエッセイを書き進めました。まずCareer Goalエッセイに十分時間を割いて仕上げてから、他のエッセイに進みました。思い返すと、当初は勘所が分かっておらず、エッセイも話が拡散した上に具体性に乏しく、ご指導も大変だったと思いますが、親切に見て頂きました。アイディアやロジックといった構成面、具体的な英語表現の両面でサポートして頂きました。遅い時間のカウンセリングをお願いしたり(結局24時過ぎまでご対応頂きました)、業務時間外でも何度もメールで対応頂いたりと、柔軟にご対応頂きました。佐取先生と英語でエッセイを作成してから、外国人カウンセラーに移りましたが、佐取先生との議論のおかげで消化不良感なく進めることができました。反省点は、何をどう書くかは、自分が決めることである、という意識が当初はやや乏しかったことです。しっかりとストーリー・具体例やアピールしたい点をしっかり考えないと、中身の濃いカウンセリングとなりません。先生からのストーリー案の提示を期待する等、当初はやや受動的だったように思います。

4、受講内容(推薦状)
エッセイと同様に、佐取先生と作成してから、外国人カウンセラーによるチェックを受けました。佐取先生と徹底的に準備したため、外国人カウンセラーからは若干の英文修正があった程度でした。Cambridgeは推薦状1通で、当初は自分で英文を作成して推薦者にチェックしてもらおうと考えていましたが、後述する通り、2nd Roundから1st Roundでの出願に切り替えたため時間がなく、佐取先生からアドバイスを受けて、MBAホルダーの推薦者に英文の作成を依頼しました。但し、推薦者への依頼に際しては、推薦状で評価してもらいたい点や具体的なエピソードについて、日本語でワード4~5頁ほどで纏めた資料を、佐取先生に何度も修正してもらった上で、推薦者に渡しました。推薦者が英語で作成した原稿を、佐取先生に修正頂き、外国人カウンセラーのチェックを受けてから、推薦者に確認してもらいました。Cambridgeは1通のみでしたが、エッセイ並か、推薦者への依頼等を考えるとエッセイ以上に負担感がありましたが、おかげで素晴らしい推薦状を作成頂きました。

5、その他
佐取先生からCambridgeのアラムナイと在校生を紹介頂きました。皆さま親身に対応して下さり、面接前にもメールで質問をさせて頂く等、とてもお世話になりました。在校生の方には、面接で渡英した時にもお会いでき、おかげでリラックスして面接に臨むことができました。
出願時期について、7月時点では、GMATは終了していましたが、IELTSが7.0(Cambridgeの公式要件は7.5)だったことから、7.5に伸ばした上で10-11月の2nd Roundで、Cambridge/Oxford/INSEADの3校に出願するつもりでした。しかし、佐取先生から、エッセイの仕上がり等の状況を踏まえて、第一志望のCambridgeに関しては、IELTS7.0だったとしても、9月の1st Roundで出願することを勧められました(結局IELTS7.0で出願しました)。終わって見れば、Cambridgeのみ出願して合格、という結果となりましたので、大変感謝しています。なお、合格前は意識していませんでしたが、Cambridge(とOxford)は所属するカレッジを選択するプロセスがあり、早いRoundの方が空き枠が多いことから、カレッジ選択という点でも1st出願はメリットがありました。

ウェイトリスト用ガイドライン : UCLA Anderson School

Anderson Schoolへの1st Roundアプリカントに対するWaillist guidelineが発表されました。2nd Rdアプリカントは、Invitation letterを受信し始めた頃ではありますが、今後は自分の身にも(そうした通知内容が)降りかかる可能性も考慮した上で下記の文面を一読しておきましょう。
http://mbablogs.anderson.ucla.edu/mba_admissions/2017/01/ucla-anderson-application-insider-waitlist-guidlelines.html

  • If your application status indicates you have been placed on our waitlist, your name will remain on the waitlist until a final decision is made on your application or until you request your application be withdrawn.
  • Waitlisted candidates (excluding those who withdraw) will be reconsidered for admission in subsequent rounds.
  • Round 1 applicants will receive an update on their application status by the Round 2 decision deadline of March 29, 2017. Some candidates may be offered the option of remaining on the waitlist for consideration in Round 3.
  • Remaining Round 1 and Round 2 waitlist candidates will receive an update on their application status by the Round 3 decision deadline of May 24, 2017.
  • We cannot give individual feedback to waitlisted applicants.
  • Chances of being admitted off the waitlist are difficult to predict since the number of students admitted from the waitlist varies from year to year depending on the size/strength of the admit pool, number of admits who enroll, and other factors.
  • Waitlisted candidates may send in updates to their application to wlmgr@anderson.ucla.edu. This is completely optional and only for currently waitlisted applicants.
    • We ask that you use your personal judgment and discretion in submitting additional information that is relevant to your application. Some examples include (but are not limited to): updated GMAT/GRE/TOEFL scores, promotions at work, and recent extracurricular accomplishments.
    • Before submitting additional information to the waitlist manager, remember.
    • Every interaction we have with you moving forward can be a data point on your file, so make sure they are meaningful and value-added.
    • Quality of information and communication is more important than quantity.

If you are on the waitlist and have any additional questions, please e-mail wlmgr@anderson.ucla.edu.  For all others, send questions to mba.admissions@anderson.ucla.edu.

【告知協力】Interview Answer Building Seminar by 江戸義塾

今月22日(日)と来月2月5日(日)の両日に、Ed Lee氏(江戸義塾代表)主催のMBAインタビュー対策セミナーが開催されます。なおお申込み方法等につきましては、下記urlより直接お問い合わせください。
CONTENTS
*Learn how to build winning answers for
-Why MBA
-Why this school
-Strength and Weakness
-Behavioral Questions (Achievement, Failure, Leadership, etc.)
*Study examples (videos/text)
*Answer building
*Practice saying answers in pairs/groups
*Feedback
*Q&A

3rd Round

テストスコアや出願書類の進捗状況と向き合いつつ、3月から4月にかけての3rd Roundに向けた準備に余念がない出願者もいらっしゃると思います。そうした受験生に対して伝えていることは、「1stや2nd Rdで出願できなかったことを後悔するよりも、この3rd Rdに向けた最大限の準備にて臨むこと」です。

下記のAdmissions Blog (UCLA Anderson School)では、各ラウンド(1stから3rdまで)に関する独自の考察を紹介しております。
http://mbablogs.anderson.ucla.edu/mba_admissions/2016/09/ucla-anderson-application-insider-what-round-to-apply-in.html

APPLYING ROUND 3
Pros
:Perhaps the biggest benefit in applying in Round 3 is that you have the most time to enhance your application profile — the additional time may allow you to get a promotion at work, take on a new project, and/or get involved in more leadership activities, for example. With more time to self-reflect on your goals, the application, and the essay question, applying in Round 3 may give you the advantage of giving you the most amount of time to put together the highest quality application possible for you. If you applied to other programs in earlier rounds, you will likely also be equipped with acceptance information from those schools. You will also have ample time to take (and potentially re-take) the GMAT/GRE and/or TOEFL/IELTS exams.

Cons: Since our class size is capped, fewer applicants are historically admitted in the last round simply due to the availability of spots in the class.  This makes this round the most competitive out of all. While you can still be placed on our waitlist, there are still likely many other individuals from earlier Rounds on our waitlist that you’ll be still compared against.

合格の可能性、確率等、自らの状況を数値化してしまいがちですが、自らがコントロールできること(テストスコアの改善及び出願書類の質の向上、面接対策等)に注力し、合格を勝ち取ってください。