【2016年MBA受験体験記】受講生の声より

昨シーズンの受講生が体験記を執筆くださいましたので、以下紹介させていただきます。
http://www.affinity-english.com/testimonial/index.html

1.はじめに
私は社費留学が決定し、受験勉強を開始したのが4月中旬でした。それまで準備ゼロ、所謂”純ドメ”で、諸先輩のご苦労を目の当たりにし、強い焦燥感を抱きながらAffinityに駆け込みました。1年たった今、当初の第一志望を含む米国MBA数校から合格をいただけたのは、飯島先生、佐取先生に効率の良い学習スケジュール、学習方法をご指導いただき、タイムマネジメントを徹底できたからだと感じています。また、受験プロセス全体を通して、適切に道案内をしていただけ、迷うこと無くゴールにたどり着くことができたと思います。本当に感謝しております。

2.学習カウンセリング
受験勉強を開始するにあたり、飯島先生の学習カウンセリングをはじめに受講しました。本カウンセリングにてご指導いただい内容が私のMBA受験におけるキー・サクセス・ファクターだったと思います。私の英語学習歴やバックグラウンドからTOEFLではなく、IELTSを推奨いただきました。また、IELTSと並行してGMATの学習をすすめ、相互のシナジーがでるような学習スケジュールをご教示いただきました。結果として、IELTS初回受験OA5.5から約2ヶ月でOA7.0を取得し、GMATは10月の初回受験で670を取得、数校は秋ラウンドでの出願に駆け込むことができました。また、最終的にはIELTS受験6回目でOA7.5, GMAT受験3回目で680を取得でき、非常に効率よくスコアメイクすることができました。

3.留学ガイダンスプログラム
MBA受験は佐取先生と一緒に乗り切ったというくらい、本プログラムについてはお世話になりました。追加セッションを何度入れたか忘れてしまったくらいです。。。志望校選定、キャリア棚卸し、レジュメ作成、エッセイドラフト作成、出願スケジューリング、アプリケーション作成、出願時期の日々の相談まで、全て佐取先生にお願いしました。

佐取先生は、私の意見を最大限引き出してくれるような形でカウンセリングしていただき、ストレスなく進めることができました。私が認識していなかった強みも、本質的な質問をなげかけていただくこととで表面化させることができました。一方で、志望校選定やエッセイ執筆時には、ズバっといってくれたことも無駄な時間を使わずに済みありがたかったです。出願時期は、どう入力すればよいのかよくわからないアプリケーションや、アドミッションとのやり取りなど、不安要素は多いですが、私の細かな質問にも丁寧に解答くださり本当に助けられました。特に思い出深いのは、エッセイ作成において別途契約していたネイティブカウンセラーとうまくやりとりできなかった際に、ネイティブカウンセラーの意見を最大限に引き出すような進め方や、ネイティブとやり取りする上での効果的な表現方法などについて親身に考えていただけたことです。

1回のカウンセリング時間は1時間ですが、ご相談していただきたいことに対して毎回丁寧に準備していただけ、非常に1時間を効率良く使うことができたのもありがたかったです。

4.GMAT戦略クラス
私はOfficial Guideを読むことすらままならない状態でしたので、GMAT学習の初期段階からAffinityのクラスを活用し、CR, RC, SC全ての戦略クラスを受講しました。飯島先生も、内宮先生も、暗記ではなく体系的、論理的にアプローチするスタイルでしたので、GMAT学習の際は余計な頭のメモリを使わずに済みました。また、語源学習など英語そのものの理解を深めることも意識した内容で非常に頭に残りやすい授業でした。

”戦略クラス”という名にふさわしく、各問題の解法から、日々の学習、実際の試験でのアプローチまで、いかに効率よく点数を稼ぐか?といったことが学べました。

5.最後に
多くの方にとって、MBA受験は時間との勝負、いかにうまく取捨選択とタイムマネジメントをするかになると思います。マクロな観点では、1年間のどれくらいの期間をスコアメイクに費やし、どれくらいの期間をアプリケーション準備に費やすか、ミクロな観点では試験でどの問題にどの程度の時間をかけるか、どの問題を捨てるかなど。Affinityの指導は、「限りある時間の中で、いかに結果に結びつくように時間を使うか」という点を一貫して念頭に置かれていたように思います。一方で、いかに完璧なスケジュールをたてても、いざ実行にあたって迷うことや、スケジュール通りにいかずに焦ることも多いです。そんな時に、精神的な不安を払拭し、自信をもって迷いなく進めるようにサポートしてくれるパートナー、それがAffinityでした。本当にお世話になりました!

レジュメやエッセイの対策準備に向けて

5月3日(祝)にはEd義塾との共同セミナーを4年ぶりに開催することに、プレゼンターとしても楽しみにしております。当日は、当方が主にMBA出願準備を効率的に進めていく上での注意事項等を中心にお話しさせていただき、Ed Leeさんが出願書類の作成ポイントを解説してくださいます。

本日はこの場を通じて、私からも数点レジュメやエッセイ(キャリアゴール型エッセイ)を作成する際の注意点を皆さんと共有したいと思います。

◆レジュメ
レジュメを作る際には、アピール度の濃いリーダーシップを発揮した業績(Results)が並んでいることは望ましいとされます。その一方で、その業績を達成する過程で、自らの関わり度合いを表現することが大切ですので、(社内・社外)関係者との協働作業の様子も描き出さなければなりません。レジュメのドラフト作成過程では、led (Power Verb)から始まり、自分の関わり度合いが述べられることなくResultへつながってしまうケースも多々見られます。

◆キャリアゴール型エッセイの作成プロセス(例)

1)    短期目標-中期目標―長期目標を書きだしてみる(勤務先名や仕事内容もリストアップする)

2)    1)の目標を達成することにより、関係者(組織)へ与える効果について

3)    特にポストMBAの就職希望先(同企業の事業内容等)に関する調査
→自らが目指すポストMBAの業界に対して精通しているイメージを与えなければなりませんので、そのためにも、可能な範囲で必要な情報を入手するよう努めましょう。

4)   上記1)にて挙げた各目標を目指すに至った「動機」を考える。キャリアゴール型エッセイでは、特に短期目標を達成するため、これまで用意周到に準備をしてきた様子を読み取らせます(個々の動機は、十分な準備に裏打ちされた背景に存在するというAdmissions側の考えに呼応させます)
→また、Post MBAのキャリアで新たな産業へと転身する際は、直面するであろうチャレンジングな事を示し、それを乗り越える決意を文面から読み取らせることで、自らの成熟度合(maturity)をアピールすることにもなります。

5) そして、今日のキャリア開発へと至るまでに培ってきた「知識」や「スキル」がPost MBAのキャリアで転用可能であることも伝えなければなりません。英語ではTransferable Skillsと呼びます。たとえば、「リーダーシップスキル」と一言で片づけがちですが、噛み砕いてみますと、・動機付する ・問題解決する ・計画する ・プロジェクトを管理する ・評価する ・意思決定する ・物事を開始する ・グループを代表する ・チーム作り(育成) ・後輩や部下の仕事を監督する等が挙げられるのではないでしょうか。

リーダーシップスキル以外にも、コミュニケーションスキル、インターパーソナルスキルなども代表的なTransferable skillsに挙げられますので、これらの内容も噛み砕いて考えてはいかがでしょうか?

Affinity英語学院・江戸義塾共同開催:MBA出願書類対策セミナー

5月3日(祝)にEd Leeさんと上記セミナーを実施することが決まりましたので、ご案内させていただきます。

概要

・5月以降の出願スケジュール
・出願用書類(Resume, Essay, Recommendation,Test Score,GPA)の役割

Edogijuku Presentation:

・Developing a personal strategic framework for a winning application
・Crafting a winning resume – from good to great

・Importance of key words: action verbs & concrete nouns

・Resume styles/examples : HBS, MIT, Cambridge

  • Leveraging your strategic framework to build winning essays, recommendation letters, and interviews.
  • Growing importance of interviews/videos/discussions and other trends

受講料

無料(要予約)

担当

Edward Lee(江戸義塾塾長)

佐取 永基(Affinity英語学院副学院長:出願準備指導担当)

日程

2017年5月3日(水)16:00-18:00
ご予約は以下のリンクよりお願い致します。
http://www.affinity-english.com/event/mba-syutsugan-form.html

【2018年9月入学用出願締め切り日】 Stanford GSB

Stanford Graduate School of Businessより、2018年9月入学用出願締切り日が発表されました。
https://www.gsb.stanford.edu/programs/mba/admission/deadlines

Round 1
Deadline: September 19, 2017
Notification Date : December 14, 2017

Round 2
Deadline: January 10, 2018
Notification Date: March 29, 2018

Round 3
Deadline: April 4, 2018
Notification Date: Mid May, 2018

10:00 am Pacific Time, including your letters of reference and application fee payment. We cannot guarantee that we will review information sent to the MBA Admissions Office after the deadline of the round in which you apply.

Selecting an Application Round

You may apply in any one of the three application rounds each year.

If you plan to apply in round one or two, we strongly encourage you to apply in round one. Over the last few years, the number of applications we receive in round two has increased, making it more competitive.

Do not rush your application, but there are some advantages to applying in either the first or second round, including:

  • The ability to receive a need-based financial aid award from the Financial Aid Office prior to the date by which you must respond to your offer of admission.
  • Ample time to complete recommended quantitative and/or English language coursework prior to arrival on campus.
  • Access to the on-campus housing lottery and/or housing at Highland Hall and Schwab Residential Center.
  • Sufficient time to complete the visa application process (international students).
  • The opportunity to attend Admit Weekend (there is no Admit Weekend for Round 3).

If you want to use one application to apply for both the MBA and MSx Programs, you must apply in Round 1 or 2. You may apply in Round 3 to both programs, but you would need to complete two separate applications.

 

【告知協力】IESE MBA Counseling Day

以下、今月28日(金)に開催されるIESE Business Schoolの説明会をご案内いたします。
===================================================================
IESE Business Schoolでは、4月、下記の通り東京にてアプリカントの皆様向けにMBA Counseling Dayを実施しますので、ふるってご参加ください。詳細は下記ページをご確認ください。
http://mailings.iese.edu/IESE/newsletter.php?N=5573

・4/28(金)15:00-22:30 (於: 六本木アカデミーヒルズ)
※IESE Class of 2016の卒業生でもあるAdmission Officerが、プログラム、学校生活、キャリア機会、アドミッションプロセス等、幅広く個別の疑問にお応えします(30分、日本語可)。

※選考プロセス時期である4th round出願の方は対象外、2018年9月あるいはそれ以降入学に向けた出願を検討中の方が対象となります。

※5月は、日本におけるAdmissions関連イベントの開催予定がございません。

卒業生とのコンタクト

エッセイ、そして面接時にて問われる”Why did you apply to our school?”の質問へ回答内容を強化することはもちろんですが、何よりも自らの留学候補先をよく知るためにも卒業生の体験談は貴重です。UCLA, Anderson SchoolのDean LawrenceがAdmissions Blogsで自らの意見を述べています。
http://mbablogs.anderson.ucla.edu/mba_admissions/2017/03/from-the-deans-desk-top-5-reasons-to-connect-with-alumni-when-applying.html

The process of applying to graduate business school has many important steps – taking the GMAT® exam, writing essays, securing letters of recommendation, visiting campuses, among others. One often overlooked resource to consider is the alumni community. Alumni can provide information that you are seeking and in some cases, information that you may not have considered before.

Below are my top 5 reasons why you should connect with alumni during your application process.

  1. Experience the school culture. Each school has its own culture and climate. Speaking with alumni allows you to experience that culture first hand. You can also ask what type of people attend the school (bankers, consultants, marketers, teachers). Ask if it is a competitive environment, do people support each other, is diversity and inclusion valued at the school, etc.
  2. Get advice on best way to visit campus /see program in full action. Alumni can provide great advice on how to structure your visit, how to contact
    faculty, meet with students, possibly sit in on a class, etc.
  3. Gain insights into career options and opportunities. One of the top reasons you are going to business school is to advance your career. Alumni are great resources to understand the impact of the school’s career management center on his/her career, what companies recruit/hire students at that school, learn about the career outcomes of other alumni.
  4. Provide a window into specific experiences. Business school is not just about taking classes. It is a wonderful way to test your limits and get out of your comfort zone. Alumni can provide a “window” into specific experiences for consideration - favorite courses, school faculty, classmates, global experiences, signature conferences, academic internships, community service, etc.
  5. Get answers to the “I didn’t know what I didn’t know” questions. Alumni can provide information that’s otherwise hard to find, such as answers to questions about financing your MBA and learning about pre-MBA internship opportunities.

At UCLA Anderson, alumni participate in a variety of capacities to help prospects understand the power of the UCLA Anderson MBA. Many alumni host lunch events, inviting prospects to join and learn about the school. Others meet one-on-one within their own firm for a coffee chat, and then more participate in school sponsored events (e.g. recruiting events on the road) to provide their voice on why they chose Anderson.

– Alex Lawrence

【New Director of MBA Admissions】Stanford GSB

先日、Stanford GSB MBA Program Admissions Teamに関するニュースが発表されました。
https://www.gsb.stanford.edu/newsroom/school-news/kirsten-moss-new-assistant-dean-director-mba-admissions

Stanford GSB today named Kirsten Moss as the new Assistant Dean and Director of MBA Admissions and Financial Aid. In this role, Moss will oversee and manage Stanford GSB’s Admissions and Financial Aid team and map out a vision for reaching, recruiting and selecting top MBA candidates.

Moss previously served in several roles within Stanford GSB’s MBA Admissions team, including Director of MBA Admissions and Associate Director of Evaluation. During her tenure, Moss managed the evaluation, marketing, and operations teams, and developed a new approach to assessing leadership capability.

Prior to joining Stanford GSB, Moss worked at Harvard Business School as Managing Director, MBA Admissions and Financial Aid. Moss has also held positions in corporate consulting and finance.

Stanford GSB selected Moss after conducting an extensive search. This process was chaired by Senior Associate Dean Yossi Feinberg and included interviews with faculty, staff, students, and alumni. Moss’ appointment will begin June 1 and she will report to Feinberg.

“Kirsten has deep experience in admissions and leadership talent evaluation both inside and outside Stanford GSB,” Feinberg said. “Throughout our search process, Kirsten demonstrated her expertise and commitment to helping Stanford GSB continue to attract and develop the future leaders of tomorrow. I have every confidence that Kirsten will continue the MBA’s strong trajectory.”

Moss succeeds Derrick Bolton, who served as Assistant Dean for MBA Admissions and Financial Aid for 15 years before accepting a new position in September 2016 as Dean of Admissions for Stanford’s Knight-Hennessy Scholars Program.

“Kirsten has a strong understanding of our school’s vision and immediately impressed us with her ideas for connecting with the next generation of students making a positive, measurable difference in the world,” said Jonathan Levin, Philip H. Knight Professor and Dean of Stanford GSB. “Kirsten brings a wealth of knowledge and experience — from top-tier MBA admissions programs to business consulting — and will provide fresh insight as we achieve new levels of excellence.”

“Stanford GSB has a rich legacy of equipping students with the tools necessary to create change — individually, within organizations and throughout the world,” said Moss. “I’m thrilled to join the team in this new capacity as we work together to cultivate the next generation of leaders poised to make an impact.”

Moss earned a bachelor of arts degree from Harvard University, an MBA from Harvard Business School, and is currently pursuing a doctorate of psychology from William James College.

【2018年9月 &2019年1月入学用出願締め切り日】 INSEAD

INSEADの出願締め切り日が発表されました
https://www.insead.edu/master-programmes/mba/admissions#dates

★ 2018年9月入学用
Round 1
Deadline: September 20, 2017
Interview Decision Notification: October 20, 2017
Final Decision Notification: November 24, 2017

Round 2
Deadline: November 29, 2017
Interview Decision Notification: January 12, 2018
Final Decision Notification: February 16, 2018

Round 3
Deadline: January 24, 2018
Interview Decision Notification: March 2, 2018
Final Decision Notification: April 6, 2018

Round 4
Deadline: March 7, 2018
Interview Decision Notification: April 13, 2018
Final Decision Notification: May 18, 2018

★ 2019年1月入学用
Round 1
Deadline: March 14, 2018
Interview Decision Notification: April 20, 2018
Final Decision Notification: May 25, 2018

Round 2
Deadline: May 2, 2018
Interview Decision Notification: June 8, 2018
Final Decision Notification: July 13, 2018

Round 3
Deadline: June 20, 2018
Interview Decision Notification: July 27, 2018
Final Decision Notification: September 7, 2018

Round 4
Deadline: August 1, 2018
Interview Decision Notification: August 31, 2018
Final Decision Notification: September 28, 2018

To be included in a specific round, applications must be complete and submitted by 23:59pm French time on the day of the deadline.

【LL.M. 2018年秋入学用出願締め切り日】 Harvard

Harvard Law School, LL.M. Degree Programの出願締め切り日が発表されました。
Deadline: December 1, 2017, preferably by November 15, 2017 (for the LL.M. class beginning in Fall 2018)
http://hls.harvard.edu/dept/graduate-program/graduate-program-admissions-financial-aid/

The LL.M. online application is now closed and will open in early September.
と記載されていますが、2016年(昨シーズン)の出願要綱を以下のurlにて確認してください。同校は毎年2題のエッセイ課題を出題しますので、下記a)とb)をご確認ください。
http://hls.harvard.edu/content/uploads/2016/09/Sample-2017-2018-LLM-Application.pdf

◆Application Materials
1.Online application form
2. Personal Statement (Essay)
3. CV/Résumé
4.Transcript(s)
5.Diploma(s) (for degrees that have been granted)
6. LSAC Report (if applicable)
7.Recommendations (at least two)
8.Official TOEFL report (if applicable)
9. Financial aid application (if applicable)
10. Application fee of US$85

◆ Personal Statement (Essay)
Your Personal Statement should address both of the following questions specifically, with Part (A) constituting at least half of the total length:

(A) Briefly describe either an important issue in your field of interest or a current legal problem facing a particular country, region, or the world, and then propose a theoretical framework or a legal analysis or strategy to address this issue.

(B) Please tell us something about yourself — in particular, why you wish to pursue an LL.M. degree at Harvard and how doing so connects with what you have done in the past and what you plan to do in the future.

Please follow the instructions on the Personal Statement page of the online application to upload your Personal Statement.

◆ TOEFL
A high level of English language proficiency is a requirement for admission. All applicants from non-English-speaking countries who did not do their basic legal education entirely in the English language must take the TOEFL (Test of English as a Foreign Language) within two years prior to submitting their applications. The Harvard Law School Graduate Program requires a score of at least 100 on the Internet-based test (IBT), with at least 25 in each of the four subsections.
→ 出願の際にIELTSスコアは使用できません。
No, we do not accept IELTS scores in place of TOEFL scores.
http://hls.harvard.edu/dept/graduate-program/llm-admissions-faq/#faq-3-2

まだこの時期はPersonal Statement (Essay)の準備どころではない。。。という出願者も多いことかと察します。LL.M.出願にあたってはGREやLSATといったテスト受験は不要ですので、まずは出願時に使用するTOEFLスコアを揃えることに注力していきましょう。

◆Programs of Study:専攻分野として捉えてみましょう。

Law and Businessに関するカリキュラム情報を確認するだけでも、上級コース、セミナー、MIT Sloan (経営学大学院)、Kennedy School of Government, HBS (Harvard Business School)とのCross-registration systemなど、盛りだくさんの内容となっています。
http://hls.harvard.edu/dept/academics/programs-of-study/law-and-business/academic-offerings-law-and-business/

Law Schoolのカリキュラムのみを調べるのではなく、必要に応じてその他の専門大学院から取得できる科目の一覧等も確認してはいかがでしょうか。

Best Law Schools :Ranked in 2017

先月には毎年恒例となっているUS News Ranking(最新版)が発表されました。もちろん、同ランキングはJ.D. (Juris Doctor)プログラムを対象にしたものですが、こちらを参考に出願校を絞り込むLL.M.出願者も少なくないと思います。
https://www.usnews.com/best-graduate-schools/top-law-schools/law-rankings?int=a1d108

1. Yale University
2. Stanford University
3. Harvard University
4. University of Chicago
5. Columbia University
6. New York University
7. University of Pennsylvania
8. University of Michigan
8. University of Virginia
10. Duke University
10. Northwestern University
12. University of California-Berkeley
13. Cornell University
14. University of Texas Austin
15. Georgetown University
15. UCLA
17. Vanderbilt University
18. Washington University in St. Louis
19. University of Southern California
20. University of Iowa
20. University of Notre Dame

出願校をリストアップした後には、対象校の「カリキュラム構成」、「コースラインナップ」、「教授陣の経歴」、「クラス規模」、「周辺の環境」など多数の角度から学校調査をしてください。その調査の度合いが、夏場から秋口にかけて取り組み始めるStatement of Purposeのクオリティー向上に大きな影響を与えます。

まずは自分の眼で学校情報を読み込み、更に知りたいと思うことは卒業生へコンタクトを取って必要な情報を得るなど、やるべきことを着実に消化していきましょう。

出願に必要なスコアが揃いつつある方、あるいは揃った方は、出願までのロードマップ作成作りへと移行していきます。必要な方はこちらまでご相談ください。