【告知協力】神山財団奨学金イベント

Ed義塾様より、神山財団奨学金に関するイベント開催のご案内を頂戴しました。
http://www.kamiyama-f.jp/

KAMIYAMA FOUNDATION SCHOLARSHIP EVENT
・日程: Sunday, Mar. 12th

・時間: 1830-2030
・場所: PCM Tokia Building Marunouchi 1F http://www.cardinal-japan.com/restaurant/pcm/
・費用: 2500 yen

上記イベントへのご参加を希望される方は、下記urlよりお問い合わせください。
http://www.edogijuku.com/contact.html

 

New Dual Degree Program (Int’l law) with Fletcher School & U of St. Gallen in Switzerland

Tufts University (Fletcher School) より新デューアル―・ディグリープログラムが発表されました。
http://now.tufts.edu/articles/fletcher-school-offers-new-degree-programs

以下はFletcher Schoolのホームページより抜粋です。

International Law

The new dual-degree program with the University of St. Gallen will allow students to earn both a master of laws degree in international law (LL.M) from Fletcher and a master’s degree in international law (MIL) from St. Gallen after 18 months to two years of study, depending on course selection. The program started accepting students this fall.

St. Gallen specializes in law, business and international affairs. The executive director of Fletcher’s LL.M Program, John Burgess, has taught at both schools and helped create the new program, in which students will study at both institutions.

留学期間は18ヶ月、そして2つの修士号を取得し欧米に滞在できる点、さらにはインターンシップンの内容など、自らのキャリア開発目的と照らし合わせてください。

 

 

2月以降の締切日:米国ロースクール(LL.M. Degree)編

2月以降でも間に合う米国LL.M.プログラムをいくつか紹介させていただきます。

UCLA
2017/2/15
https://law.ucla.edu/llm-sjd/llm-program/apply/

Fordham University
2017/3/1
https://www.fordham.edu/info/21170/apply/5170/deadlines

Indiana University
2017/3/1
http://www.law.indiana.edu/what/professional-careers/graduate-degrees/admission/apply-llm-mcl-sjd.shtml

University of Southern California
2017/3/1
http://weblaw.usc.edu/how/gip/llm/onlineapplicationstatus.cfm

University of Texas, Austin
2017/3/1
https://law.utexas.edu/master-of-laws/application-information/

George Washington University
2017/3/15
https://www.law.gwu.edu/admission-deadlines-and-key-dates

Boston University
2017/4/15
http://www.bu.edu/law/admissions/llm-admissions/llm-degree-applicants/

University of Minnesota
2017/4/15
https://www.law.umn.edu/admissions/llm-admissions/how-apply

Vanderbilt University
2017/4/30
https://law.vanderbilt.edu/prospective-students/llm-program-/llm-admissions-process.php

Emory University
Applications are considered for fall on a space available basis through June.
http://law.emory.edu/admission/master-of-laws/index.html

Boston College
We accept applications on a rolling basis. We encourage you to apply early in the process.
https://www.bc.edu/bc-web/schools/law/admission-aid/llm-program/llm-admission.html

 

合格体験談

こちらの受講生は、「努力」+「計画」+「調査」+「行動」、そして「実行」と、MBA受験に向けてやるべきことを着実にこなされていったことが、ご本人にとって最良の結果へつながりました。

1、概要
留学ガイダンス・プログラムを、佐取先生のエッセイカウンセリングという形で活用しました。純ドメで英語でのコミュニケーションにやや不安感があり、満足できるエッセイを仕上げるには日本語でのディスカッションが必要と考えたことから、佐取先生と外国人の2名をエッセイカウンセラーとしました。

2、受講理由
2016年3月頃から、その頃はIELTS・GMAT学習に専念していましたが、エッセイカウンセラーの選定を意識し、HPや会社のMBA取得者の報告書等で情報収集を始めました。佐取先生は、前年にカウンセリングを受けた、同じ会社の先輩に紹介してもらいました。2016年5月にJohn Couke氏との合同セミナーに参加しましたが、この時点ではIELTS・GMAT学習中だったため、参加して雰囲気を知った程度でした。GMATが終了した6月から本格的に検討を開始し、佐取先生と面談をさせて頂き、親身な対応が信頼できたこと、志望校のCambridge Judge Business Schoolの実績があること、外国人カウンセラーと協働してカウンセリングをされた経験があること、からカウンセリングを申し込みました。

3、受講内容(エッセイ)
当初の2回ほどで、CVと日本語によるエッセイのネタ出しを行い、以降は志望校だったCambridge Judge Business Schoolのエッセイを書き進めました。まずCareer Goalエッセイに十分時間を割いて仕上げてから、他のエッセイに進みました。思い返すと、当初は勘所が分かっておらず、エッセイも話が拡散した上に具体性に乏しく、ご指導も大変だったと思いますが、親切に見て頂きました。アイディアやロジックといった構成面、具体的な英語表現の両面でサポートして頂きました。遅い時間のカウンセリングをお願いしたり(結局24時過ぎまでご対応頂きました)、業務時間外でも何度もメールで対応頂いたりと、柔軟にご対応頂きました。佐取先生と英語でエッセイを作成してから、外国人カウンセラーに移りましたが、佐取先生との議論のおかげで消化不良感なく進めることができました。反省点は、何をどう書くかは、自分が決めることである、という意識が当初はやや乏しかったことです。しっかりとストーリー・具体例やアピールしたい点をしっかり考えないと、中身の濃いカウンセリングとなりません。先生からのストーリー案の提示を期待する等、当初はやや受動的だったように思います。

4、受講内容(推薦状)
エッセイと同様に、佐取先生と作成してから、外国人カウンセラーによるチェックを受けました。佐取先生と徹底的に準備したため、外国人カウンセラーからは若干の英文修正があった程度でした。Cambridgeは推薦状1通で、当初は自分で英文を作成して推薦者にチェックしてもらおうと考えていましたが、後述する通り、2nd Roundから1st Roundでの出願に切り替えたため時間がなく、佐取先生からアドバイスを受けて、MBAホルダーの推薦者に英文の作成を依頼しました。但し、推薦者への依頼に際しては、推薦状で評価してもらいたい点や具体的なエピソードについて、日本語でワード4~5頁ほどで纏めた資料を、佐取先生に何度も修正してもらった上で、推薦者に渡しました。推薦者が英語で作成した原稿を、佐取先生に修正頂き、外国人カウンセラーのチェックを受けてから、推薦者に確認してもらいました。Cambridgeは1通のみでしたが、エッセイ並か、推薦者への依頼等を考えるとエッセイ以上に負担感がありましたが、おかげで素晴らしい推薦状を作成頂きました。

5、その他
佐取先生からCambridgeのアラムナイと在校生を紹介頂きました。皆さま親身に対応して下さり、面接前にもメールで質問をさせて頂く等、とてもお世話になりました。在校生の方には、面接で渡英した時にもお会いでき、おかげでリラックスして面接に臨むことができました。
出願時期について、7月時点では、GMATは終了していましたが、IELTSが7.0(Cambridgeの公式要件は7.5)だったことから、7.5に伸ばした上で10-11月の2nd Roundで、Cambridge/Oxford/INSEADの3校に出願するつもりでした。しかし、佐取先生から、エッセイの仕上がり等の状況を踏まえて、第一志望のCambridgeに関しては、IELTS7.0だったとしても、9月の1st Roundで出願することを勧められました(結局IELTS7.0で出願しました)。終わって見れば、Cambridgeのみ出願して合格、という結果となりましたので、大変感謝しています。なお、合格前は意識していませんでしたが、Cambridge(とOxford)は所属するカレッジを選択するプロセスがあり、早いRoundの方が空き枠が多いことから、カレッジ選択という点でも1st出願はメリットがありました。

ウェイトリスト用ガイドライン : UCLA Anderson School

Anderson Schoolへの1st Roundアプリカントに対するWaillist guidelineが発表されました。2nd Rdアプリカントは、Invitation letterを受信し始めた頃ではありますが、今後は自分の身にも(そうした通知内容が)降りかかる可能性も考慮した上で下記の文面を一読しておきましょう。
http://mbablogs.anderson.ucla.edu/mba_admissions/2017/01/ucla-anderson-application-insider-waitlist-guidlelines.html

  • If your application status indicates you have been placed on our waitlist, your name will remain on the waitlist until a final decision is made on your application or until you request your application be withdrawn.
  • Waitlisted candidates (excluding those who withdraw) will be reconsidered for admission in subsequent rounds.
  • Round 1 applicants will receive an update on their application status by the Round 2 decision deadline of March 29, 2017. Some candidates may be offered the option of remaining on the waitlist for consideration in Round 3.
  • Remaining Round 1 and Round 2 waitlist candidates will receive an update on their application status by the Round 3 decision deadline of May 24, 2017.
  • We cannot give individual feedback to waitlisted applicants.
  • Chances of being admitted off the waitlist are difficult to predict since the number of students admitted from the waitlist varies from year to year depending on the size/strength of the admit pool, number of admits who enroll, and other factors.
  • Waitlisted candidates may send in updates to their application to wlmgr@anderson.ucla.edu. This is completely optional and only for currently waitlisted applicants.
    • We ask that you use your personal judgment and discretion in submitting additional information that is relevant to your application. Some examples include (but are not limited to): updated GMAT/GRE/TOEFL scores, promotions at work, and recent extracurricular accomplishments.
    • Before submitting additional information to the waitlist manager, remember.
    • Every interaction we have with you moving forward can be a data point on your file, so make sure they are meaningful and value-added.
    • Quality of information and communication is more important than quantity.

If you are on the waitlist and have any additional questions, please e-mail wlmgr@anderson.ucla.edu.  For all others, send questions to mba.admissions@anderson.ucla.edu.

【告知協力】Interview Answer Building Seminar by 江戸義塾

今月22日(日)と来月2月5日(日)の両日に、Ed Lee氏(江戸義塾代表)主催のMBAインタビュー対策セミナーが開催されます。なおお申込み方法等につきましては、下記urlより直接お問い合わせください。
CONTENTS
*Learn how to build winning answers for
-Why MBA
-Why this school
-Strength and Weakness
-Behavioral Questions (Achievement, Failure, Leadership, etc.)
*Study examples (videos/text)
*Answer building
*Practice saying answers in pairs/groups
*Feedback
*Q&A

3rd Round

テストスコアや出願書類の進捗状況と向き合いつつ、3月から4月にかけての3rd Roundに向けた準備に余念がない出願者もいらっしゃると思います。そうした受験生に対して伝えていることは、「1stや2nd Rdで出願できなかったことを後悔するよりも、この3rd Rdに向けた最大限の準備にて臨むこと」です。

下記のAdmissions Blog (UCLA Anderson School)では、各ラウンド(1stから3rdまで)に関する独自の考察を紹介しております。
http://mbablogs.anderson.ucla.edu/mba_admissions/2016/09/ucla-anderson-application-insider-what-round-to-apply-in.html

APPLYING ROUND 3
Pros
:Perhaps the biggest benefit in applying in Round 3 is that you have the most time to enhance your application profile — the additional time may allow you to get a promotion at work, take on a new project, and/or get involved in more leadership activities, for example. With more time to self-reflect on your goals, the application, and the essay question, applying in Round 3 may give you the advantage of giving you the most amount of time to put together the highest quality application possible for you. If you applied to other programs in earlier rounds, you will likely also be equipped with acceptance information from those schools. You will also have ample time to take (and potentially re-take) the GMAT/GRE and/or TOEFL/IELTS exams.

Cons: Since our class size is capped, fewer applicants are historically admitted in the last round simply due to the availability of spots in the class.  This makes this round the most competitive out of all. While you can still be placed on our waitlist, there are still likely many other individuals from earlier Rounds on our waitlist that you’ll be still compared against.

合格の可能性、確率等、自らの状況を数値化してしまいがちですが、自らがコントロールできること(テストスコアの改善及び出願書類の質の向上、面接対策等)に注力し、合格を勝ち取ってください。

Thank-you Letter

2017年1月も後半へと突入する中で、2nd Rd出願者の間ではInterview Invitationを受領された方々も多いのではないでしょうか?そして当のInterviewが終わりましたらそれにて”終了”と解釈することなく、以下にご案内するThank-you letterをアドミッション・オフィスへ送ることも忘れないでください。このletterを送信し終えたところで、Interviewは終了です。

下記サイトではThank-you letterの書き方が掲載されていますのでご紹介します。http://www.topmba.com/admissions/mba-interview-thank-you-letter

  • Start with reflecting upon what happened during the interview. Go over your notes. Recall anything that made a good impression on you, so you can mention one memorable part of your conversation in your MBA interview thank-you letter. One of the best ways to do this is to go over the questions you asked the reviewer, since the things you asked about are probably the things you are most excited about.
  • Begin your letter by thanking the interviewer. Americans in particular prefer this more direct communication style. Avoid starting your thank-you statement with “I” (as in “I would just like to thank you…”), since that could make the letter seem that it’s more about you than the interviewer.
  • Mention why you enjoyed your conversation with the interviewer. This is the part where your notes and memories of the interview will come in handy. Do not send the same cookie-cutter thank-you letter to all interviewers.
  • Incorporate your accomplishments into the note. This needs to be done in a subtle way, such as through your writing style. Make sure the accomplishments you choose to emphasize are consistent with those you’ve been highlighting throughout the admissions process.
  • Close your MBA interview thank-you letter with a statement about how much you excited you are at the prospect of attending that business school.

 

【告知協力】Coffee chat for INSEAD applicants (2017/1/2)

INSEAD関連イベントのご案内が届きました。
=========================================
INSEAD受験をお考えの皆様

1月2日に現役生とのコーヒーセッションを開催致します。当日は現役生が学校生活やカリキュラムの内容に関して皆様の疑問にできるだけお答え致します。

ご希望の方は以下のフォームにご記入ください。詳細は頂いたメールアドレス宛に送らせて頂きます。

日時:2017年1月2日(月)14:00-15:00
場所:都内某所(新宿近郊を予定)※会場詳細は申込者のメールアドレスに後日ご連絡します。東京近郊以外にお住まいの方に限り、Skype参加も可能です。
費用:会場代とドリンク代を回収させていただきます
申込〆切:2016年12月30日(金)

調整に時間がかかり直前のご案内となりましたが、当日は皆様とお会いできることを楽しみにしております!
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeemVERblWmYpcgGo8VbC7dOpvjDzIk_W0LZ7_UREmiLSmVJA/viewform?c=0&w=1

 

 

【告知協力】CMU Tepper 在校生主催Live Chat 開催のご案内 (12/17開催)

Carnegie Mellon, Tepper School在校生によるWebinarのご案内です。
====================================================
12月17日(土)に、MBA受験生の方を対象として、在校生による学校説明会(Webinar形式)を開催致します。MBAカリキュラムの説明、学校生活、出願対策等に関して、在校生の体験に基づく説明とチャットを用いたQ&Aセッションを予定しております。2nd Roundの締め切りに向けて、エッセイやインタビュー対策などにぜひお役立て下さい。どうぞお気軽にご参加下さい。

日時:2016年12月17日(土) 8:30AM~ 9:30AM(日本時間)

定員:50名

当日のプログラム:

第1部 在校生による学校説明

第2部 参加者の質問に基づくQ&Aセッション

参加を希望される方は、下記フォームにてお申込みください。
https://goo.gl/forms/KfOfNVXgM71pTSyV2

【学校紹介】
Tepper School of Businessは、Computer Science やRobotics、人工知能などのテクノロジー分野で世界的に著名なCarnegie Mellon Universityにあり、1学年200名程度と少数精鋭のプログラムです。Management Science分野におけるパイオニア的存在であり、定量的な意思決定アプローチに強みを持っています。特に、Operations Research, Entrepreneurship, Information System, Computational Finance等の分野で高い評価を受けており、これらを活かして過去10名のノーベル経済学賞受賞者を輩出してきました。

また、以下のTepper公式ウェブサイト及び日本人学生によるウェブサイトも併せて御覧ください。

Tepper公式ウェブサイトhttp://tepper.cmu.edu

Tepper日本人学生ウェブサイトhttp://tepperjp.wikispaces.com

本セミナーに関する質問は以下へご連絡ください。Soichi Ueki: sueki@tepper.cmu.edu

*なおこの説明会はTepper在校生が主催するものであり、入学審査とは直接関係ありません。