カテゴリー別アーカイブ: 大学院留学出願戦略

APSIA: Graduate School Fair, Tokyo (2017年11月7日)

Association of Professional School of International Affairs (通称APSIA)主催のリクルーティングイベントが11月7日(火)に都内で開催されます。毎年(都内で)実施されているイベントではなく、不定期に開催されています。2018年留学希望者はもちろんのこと、今後留学を考えている方々も足を運んでみてはいかがでしょうか。
https://www.eventbrite.com/e/apsia-graduate-school-fair-tokyo-tickets-36496940331

APSIA fairs can help you take the next step in your career!

  • Meet admissions officers from APSIA member schools
  • Discuss admissions requirements, curricula, financial aid packages, joint degree programs, and career opportunities
  • Collect application information

Exhibitors:

  • Columbia University School of International and Public Affairs
  • George Washington University Elliott School of International Affairs
  • Georgetown University Edmund A. Walsh School of Foreign Service
  • Harvard University John F. Kennedy School of Government
  • IE University School of International Relations
  • Johns Hopkins University Paul H. Nitze School of Advanced International Studies
  • National University of Singapore Lee Kuan Yew School of Public Policy
  • Ritsumeikan University Graduate School of International Relations
  • Sciences Po Paris School of International Affairs
  • Stockholm School of Economics Stockholm School of Econ
  • Syracuse University The Maxwell School of Citizenship and Public Affairs
  • Tufts University The Fletcher School of Law and Diplomacy
  • University of California, San Diego School of Global Policy and Strategy
  • University of Denver Josef Korbel School of International Studies
  • University of Southern California Master of Public Diplomacy
  • University of St. Gallen Master of Arts in International Affairs and Governance

Tips for Success:

  • Bring business cards if you have them. You can provide these instead of filling out information request cards.
  • Make sure you have a bag to carry the materials you collect from the exhibitors.

Directions:

https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-ochanomizu/access/

The Best International Relations Schools

毎年4月に発表されるUS News Rankingが世間では著名な大学院ランキングとして認知されていますが、なかなか、国際関係学分野に焦点を絞ったランキングはお目にかかったことがありません。左記の分野で数少ないランキングの代表格として、以下Foreign Policy サイトに掲載されているランキングを紹介します。

The results of the 2014 Ivory Tower survey—a collaboration between Foreign Policy and the Teaching, Research, and International Policy (TRIP) project at the College of William & Mary—provide an insider’s guide. Responses from 1,615 IR scholars drawn from 1,375 U.S. colleges and universities determined rankings for the leading Ph.D., terminal master’s, and undergraduate programs in IR. (The scholars were asked to list the top five institutions in each category.) The survey also quizzed respondents about recent historical events and future policy challenges: Just how plausible is a U.S. war with China, for example, and who was the most effective secretary of state over the past 50 years? (Hint: Neither Condoleezza Rice nor John Kerry.)

All told, the Ivory Tower survey offers a window into how America’s top IR scholars see the world today—and which institutions are effectively nurturing future generations of thinkers and policymakers.

http://foreignpolicy.com/2015/02/03/top-twenty-five-schools-international-relations/

Top Master’s Programs for Policy Career in International Relations
1. Georgetown University
2. Johns Hopkins University
3. Harvard University
4. Princeton University
5. Columbia University
6. Tufts University
7. George Washington University
8. American University
9. London school of Economics (LSE)
10. Stanford University
11. University of Denver
12. University of Chicago
13. University of California, San Diego
14. University of Oxford
15. Yale University
16. Syracuse University
17. University of California, Berkeley
18. University of Cambridge
19. University of Pittsburgh
20. Massachusetts Institute of Technology
21. Middleburry Institute of International Studies at Monterey
21. Sciences Po-Paris
21. University of Michigan
24. Graduate Institute of International and Dev. Studies
24. New York University
24. Texas A&M University

ランキングのみで出願先を選定すること自体をお勧めしませんが、まずは大学に対する評価を把握するためにランキングを活用してはいかがでしょうか?

 

 

 

合格に必要な要素

この時期は1月や2月の締切日で出願された受験生が世界各国で面接試験を受ける一方で、嬉しいお知らせ(合格報告)も届き始めております。

自身で納得がいくスコアを取ることで、気持ちと時間に余裕が生まれ、レジュメ、エッセイ、推薦状の質を向上させるために労力を注ぎ、出願先の関係者との交流にも熱が入り、そうした経験がエッセイやインタビュー用コンテンツに反映されます。このように、各対策項目を点ではなく線で捉えて準備を進めていくためは、モチベーション、気持ちの切り替えといった心理的要素も鍵を握っていると思います。

担当受験生の支援を継続していく中で、個々の気持ちの持ちようがテストスコア等の対策準備に影響を及ぼす場面を多々目の当たりにしてきました。「合格するために何が必要ですか?」と問われこともありますが、私は以下の3つの基本要素が必要だと思います:1) 試験に対する自らの準備度合い、2) 実力、3)心理的な要素(モチベーションなど)が合致した時こそ、出願準備プロセスで訪れる決定的な局面(例:絶対にスコアアップが必要な場合)を乗り越えられると思います。まさに、「勝負力」と言っても過言ではないと思います。

New Dual Degree Program (Int’l law) with Fletcher School & U of St. Gallen in Switzerland

Tufts University (Fletcher School) より新デューアル―・ディグリープログラムが発表されました。
http://now.tufts.edu/articles/fletcher-school-offers-new-degree-programs

以下はFletcher Schoolのホームページより抜粋です。

International Law

The new dual-degree program with the University of St. Gallen will allow students to earn both a master of laws degree in international law (LL.M) from Fletcher and a master’s degree in international law (MIL) from St. Gallen after 18 months to two years of study, depending on course selection. The program started accepting students this fall.

St. Gallen specializes in law, business and international affairs. The executive director of Fletcher’s LL.M Program, John Burgess, has taught at both schools and helped create the new program, in which students will study at both institutions.

留学期間は18ヶ月、そして2つの修士号を取得し欧米に滞在できる点、さらにはインターンシップンの内容など、自らのキャリア開発目的と照らし合わせてください。

 

 

テストの選択:GMAT or GRE?

GMATはMBA受験における試験の代表格として長年に渡り認知されてきました。
ここ数年間の傾向ですが、Affinity英語学院の受講生におきましても、GMATではなくGREで受験する方々が増えています。「AdmissionsはGMATの方を好むのではないか?」、「GMATでスコアを取れなかったのでGREスコアで提出していると思われるのでは?」といったように、色々と憶測が駆け巡ります。

Carnegie Mellon Univ. 2016年秋入学要綱には両テストについて以下のように記されています。
Official GMAT Score (preferred) or GRE (accepted)
http://tepper.cmu.edu/prospective-students/masters/mba/admissions/apply
がしかし、GREスコアを申請して同校へ合格する受験生も存在します。

以下の記事はUS Newsのサイトから抜粋します。ご一読ください。
http://www.usnews.com/education/best-graduate-schools/top-business-schools/articles/2015/01/29/consider-how-business-schools-weigh-the-gmat-gre

Test perception: Admissions experts are divided about the message an applicant sends when submitting GRE scores instead of GMAT results, or vice versa.

“If you submit a GMAT score you’re not going to be given preference,” says Jacobs. “They’re perceived equally.” This is also the policy at the Jindal school, Fowler says.

An applicant may not win points for submitting a GMAT score, but some schools may give the impression that this score is preferred. Schools often publish the average test scores for recent MBA students, but Murphy has noticed a difference in which test score averages are listed.

“Generally I see more of the GMAT score ranges published,” says Murphy, who worked in the admissions office for Kellogg while he was an MBA student and before the school began accepting GRE scores. If he were working in admissions now ​and saw someone submit a GRE score instead of the GMAT, it would make him wonder about the applicant.

“I would immediately question how focused are they on what they want to do, post graduate school,” he says.

Taking the GMAT confirms that a candidate is focused on getting an MBA,​ says JoAnne Goldberg, who works as a consultant for InGenius Prep. The company helps prospective graduate school candidates get accepted. “The GMAT is the test that shows that they’re serious about going to business school,” she says.

The GMAT is also an exam that business schools are more familiar with, experts say, making it easier for them to use the exam to gauge a candidate’s academic abilities. It’s also difficult to fairly compare a GMAT score – the more widely taken exam – with a GRE score, ​between applicants, Goldberg says.

Some believe – even though there’s no definitive proof – that the GRE is generally an easier exam, says Goldberg​, who is a former assistant director of admissions at the Stanford University business school and an MBA graduate of the school.

Quantitative skills: Both exams test graduate school applicants on how well they do with numbers, as well as their academic strength in other areas such as verbal reasoning. But the GRE may offer a leg up for prospective students who aren’t fans of math.

“The GMAT mathematics section is just more difficult,” says Jacobs. “If someone has a weakness in the quantitative section, then I recommend the GRE.”

She strongly encourages applicants to take the GMAT. But business schools usually require prospective students to also submit letters of recommendation, essays, transcripts and other materials. Goldberg wants applicants to remember that no single test score will solely determine who is admitted to business school.

It’s one factor,” she says. “Not the main factor.” ​

まずはGMATとGREの問題を見比べ、自分とテストとのフィット感を確認するなど、まずはアクションを起こすところからスタートしていきましょう。

GMATとGRE・・・どちらのテストが自分に合致しているのだろうか?とお悩みの方は、ぜひ、飯島学院長との学習カウンセリングをご受講されてはいかがでしょうか。
http://www.affinity-english.com/other-services/study-counseling.html

大学院(MA.M.S.プログラム)出願へのタイムライン

今回は大学院(主にはMasters of ArtsやScience等)の修士課程への出願に関するお話をさせていただきます。新年度を迎え、これまでの対策準備状況を見直す、もしくはこれから出願準備作業を開始される方々も多いと思います。

そこで、大学院出願プロセスを段階ごとに分けてみます。

1. 大学院での専攻分野を選定する

2. 出願校の選定を行う

3. 出身大学(院)の成績表を取り寄せる
→評定平均値(Grade Point Average)を確認

4) ILETS/TOEFLに関する要求スコアを確認
→IELTS/TOEFLの受験対策を開始

5) 個別の出願スケジュールを作成

6)  合格に必要なGREスコアを把握
→GREの受験対策を開始

7.キャリアの棚卸し作業

8. Curricula Vitae/Resumeの作成開始(7月)

9.  Personal Statement/ Statement of Purposeの作成開始(8月以降)

10. Letters of Recommendation用のコンテンツをまとめる

11. 推薦者へコンタクトし、Letter of Recommendationの執筆依頼

12. Application Formの入力作業開始

13.キャンパス訪問(必要な場合)

14. 推薦状の英訳作業(必要な場合)

中にはGREのSubject Testの受験対策準備や場合によって、ポートフォリオ、ライティングサンプルの提出などの書類提出が求められるプログラムも存在します。出願を予定する個々のプログラムの出願要綱を必ずご確認ください。

合格するために最善を尽くす

海外大学院への出願準備を進めていくにあたっては、その都度自分にとってのベストの判断を求められると思います。そうした一方で、皆さんの判断基準は明確になっておりますか?現在までのテストスコアを踏まえ、最優先課題として取り組むべき事項は把握できていますか

■ 取り組む事柄の例
1) テストの選定
→TOEFL-GMAT, IELTS-GMAT, TOEFL-GRE, IELTS-GREのいずかれの組み合わせを決めましたか?

2) どちらのラウンドで出願する予定ですか?
→できれば1Rd・・・といった考えではなく、第二グループは1st Rd, 第一グループは2nd Rdといった方針を定めていますか?

3) キャンパス訪問
→行いますか?それとも予定していませんか?

4) GMATやGREの受験時期はいつ頃を予定していますか?

5) 学校関係者とのコンタクトはいつ頃を予定していますか?

6) 推薦状の人選は進んでいますか?既に依頼されましたか?

7) Resume/Curricula VitaeやEssayの作成はいつ頃からスタートしますか?そのため、自分の経歴に関する棚卸し作業は終えられていますか?

今、ここで何に注力すべきか明確になっていますか?
合格するために第一歩として、その課題事項の明確化を行っていきましょう。
そして、仕事の予定等と照らし合わせながら、自らにとって最適な出願スケジュールを作り上げましょう。

 

 

 

頑張り、努力、そして結果

9月に入りビジネススクールが、今秋入学者のClass Profile情報を公開し始めました。そうしたProfileをみるたび思うことがあります。それは、「自分が希望とするスクールへ入学した方々はどのような努力を重ねてきたのだろうか?」と。私も海外大学院への出願経験は二度あり、今とは違ってインターネットもそれほど普及していない頃ですから、情報収集の面など非常に苦労した記憶が残っています。とはいえ、なんとか希望する大学院にて学位を取得しましたので、当時における自分の頑張りや努力が報われたと言えると思う次第です。

少し前置きが長くってしまいましたが、自分にとって成果を残す、もしくは結果を出すための努力について考えてみたいと思います。MBAやLL.M.を中心とした留学の指導に携わってから15年になろうとしていますが、最後に結果(成果)を残し、満足した状態で出願を終えられる方々をみていますと、出願準備中においても現状分析を怠ることなく、次なる目標を達成するために行うことを考え続けていました。つまりは、大きな目標(例GMAT 700点突破)へ到達するための小さな目標を設定し、自分に適した努力を継続していました。「ひたすらガムシャラに頑張る、気合で乗り切る」等の意気込みも、いざとなった時には大切な心がけかもしれません。しかしながら、私は目標達成に向けた方法論を常に考える習性の大切さを共有したいと思います。テスト対策のみならず、出願準備におきましても、マニュアル的な考えは存在します。そのマニュアルを応用し、自分に適した対策法(方法論)を見つけ出していきませんか。

試行錯誤を重ねて、色々な問題集を手に取って使用し続け、結果を求めて次々に試すものの・・・といった経験と成果が結びつく確率は(私の出願指導経験上ですが)低いと言わざるえません。色々なことを試したことがテスト対策に必要な知識として活用されていない実情を物語っている様子です。こうした後悔の念、苦労、疲労感が残るだけの努力と向き合い続けることなく、そうした際には飯島、そして佐取の指導経験を皆さんの出願準備対策にお役立てください。

・学習カウンセリング:担当:飯島哲也
http://www.affinity-english.com/other-services/study-counseling.html

・留学カウンセリング:担当:佐取永基
http://www.affinity-english.com/ryugaku-guidance/ryugaku-counseling.html

悔いなくこの出願準備プロセスを乗り越え、最後には合格通知をゲットしましょう。

【2016年秋入学用出願締め切り日】: Kennedy School (Harvard University)

Harvard University, Kennedy School of Governmentにて出願締め切り日が発表されました。http://www.hks.harvard.edu/degrees/admissions/apply

Essayはプログラムごとでにその内容も異なるため、早めに確認しておきましょう。
http://hksadmissionblog.tumblr.com/post/124088340028/2016-application-long-term-planning-series-post

To start a Master’s degree admission application for 2016-2017 academic year consideration please click here. The application deadline is Tuesday, December 1, 2015 at 11:59 p.m. EST. HKS does not offer spring admission.

A complete application includes:
•a submitted online application
•payment of the $100 application fee
essays, which vary by degree program
•a résumé or CV
•an additional analytic/quantitative résumé (depending on the degree program)
•three letters of recommendation
•official academic transcripts
•standardized test scores (GRE, GMAT, TOEFL, and/or IELTS)

 

New Sports Law Program : Columbia University & ISDE

スペインの Instituto Superior de Derecho y EconomiaとアメリカのColumbia Universityが、スポーツ法とスポーツ・マネジメントに特化した新たな共同学位を発表しました。また、欧米の両地域にてインターンシップなどの実 務経験や関係者との交流など、ダイナミックな大学院課程プログラムになることが予想されます。

ISDE and Columbia University proudly announce the launch of a new Companion Degree Program for internationally oriented sports industry professionals.

Qualified students can now earn two professional degrees – Columbia’s market-leading Master of Science (MS) in Sports Management, and ISDE’s innovative Master of Laws (LLM) in Global Sports Law – over the course of 12 months of intensive classroom study in New York City, and another four months of hands-on internship experience with a leading sports organization in the United States, Europe or elsewhere. (Longer internships may, in some cases, be possible with the agreement of the student and host organization.)

Columbia/ISDE Companion Degree students enjoy the same academic and administrative benefits as all other full-time Columbia students. At the same time, they also benefit from the special academic content and proven placement services offered by ISDE’s Financial Times-ranked LLM programs in sports law and other disciplines.

The Columbia/ISDE Companion Degree Program is open to highly motivated professionals with a law degree from their home country or other jurisdiction.