カテゴリー別アーカイブ: MBA出願戦略

【告知協力】QS ワールドMBAフェア 3/23 (木)

今月23日(木)に開催されるQS World MBA Tourの関連情報を共有いたします。
http://www.topmba.com/events/qs-connect-1-2-1/asia/tokyo?utm_source=qs_topmba_com&utm_medium=email&utm_campaign=C121_S17_Tokyo&partnerid=1563&spMailingID=14338527&spUserID=MTA1MjYxNzI0ODA5S0&spJobID=943086473&spReportId=OTQzMDg2NDczS0

【日時】  3月23日(木)17:00 - 22:00
【会場】  ウェスティンホテル  

【参加料】 登録・参加費無料  
QS MBA Connect 1-2-1フェアは世界の名門ビジネススクールが参加する特別な個別・グループ相談形式の無料MBAコンサルティングイベントです。名門ビジネススクール のインフォメーション、ラウンドテーブルコンサルティングなどMBA進学、留学準備に役立つプログラム満載です。

このイベントには15校以上のビジネススクールが参加します。MBA進学を考えている方はお見逃しなくご来場下さいませ。ネットでは得られない情報を各校の入学審査官と直接会って相談してみてはいかがですか。

  • 約15名の名門MBA校入学担当者が出席 – 入学審査員と個別、グループミーティング
  • TOPビジネススクールのインフォメーション
  • 参加者とのネットワーキング
  • 参加者限定総額US$1.7m相当の奨学金に申請可能

*一般的なフェア開催中は、参加者は興味のある学校のブースを回って情報を得ることができます。しかし、フェアはオープン形 式のため、多数のMBA志望者の方が集まりますので、ご希望の学校と深く相談することが困難な場合もあります。QS Connect フェアでは、MBAプログラムに関する綿密な進学案内や相談を受けることができます。

少しでもMBA取得、進学にご興味のある方には、QSならではの役立つ情報を多数ご用意しておりますので、是非ご参加ください!

Dual Degree International MBA & LLM

LL.M.プログラムへの進学を目指す受験生の大多数は渉外事務所に勤務されている弁護士、そして企業法務で国際案件の場で仕事をされている方々といっても過言ではありません。米国LL.M.プログラムの中には、Business Schoolとコラボレーションして互いのプログラムが提供する授業単位を取得できるような作りとなっています。そうした関係者のニーズを汲む大学院プログラムとして、LLM-MBAのDual Degree関連情報をシェアいたします。 上記Degreeを取得するためには、1年目はLL.M.課程の条件を満たし、2年目にMBA課程へと移行します。

ご興味のある方は、まず下記urlにアクセスされてはいかがでしょうか?
http://www.ie.edu/business-school/degrees/dual-degrees/international-mba-master-laws-llm/

Business and Law are now more interconnected than ever. For those business lawyers working in the field of corporate or tax law, it is not only essential to have a solid legal foundation but also to acquire the business acumen which will enable them to grow in their organization, as well as to better understand their clients when getting involved in the legal affairs surrounding their business.

The International MBA + Masters of Laws (LLM) Dual Degree offered by IE is an innovative program meant to provide students with the main management tools needed to work in a complex and global environment and to develop their intellectual leadership and their capacity to actively engage in the design and implementation of Business strategies of their clients, while acquiring a deeper understanding of today’s tax and legal system, which is essential to advance in their professional careers.

Students can choose to combine IE Business School’s top ranked International MBA with one of the prestigious full time LLMs offered by IE Law School: (i) Master en Asesoría Jurídica de Empresas (LLM), which is offered only in Spanish; (ii) Master en Asesoría Fiscal de Empresas (LLM), also offered only in Spanish; or (iii) LLM in International Business Law, which is only offered in English.

The program will allow you to take a step forward in your professional career since you will acquire excellent analytical skills and receive broad knowledge regarding business, management and strategy, while improving your ability to analyze, develop and implement effective solutions for complex corporate and regulatory problems involving multiple legal systems. The development of all of these abilities promotes expertise and leadership in one’s chosen field.

Graduates from this Dual Degree will be able to face the legal challenges of the competitive business world from the perspective of their clients, and become the deal-maker that companies need for their operations. On the other hand, they will also obtain the skill to lead and manage teams, become more client oriented and understand the functioning and needs of the organization in which they work in, awarding lawyers who course this program an added value in the legal marketplace.

 

 

合格に必要な要素

この時期は1月や2月の締切日で出願された受験生が世界各国で面接試験を受ける一方で、嬉しいお知らせ(合格報告)も届き始めております。

自身で納得がいくスコアを取ることで、気持ちと時間に余裕が生まれ、レジュメ、エッセイ、推薦状の質を向上させるために労力を注ぎ、出願先の関係者との交流にも熱が入り、そうした経験がエッセイやインタビュー用コンテンツに反映されます。このように、各対策項目を点ではなく線で捉えて準備を進めていくためは、モチベーション、気持ちの切り替えといった心理的要素も鍵を握っていると思います。

担当受験生の支援を継続していく中で、個々の気持ちの持ちようがテストスコア等の対策準備に影響を及ぼす場面を多々目の当たりにしてきました。「合格するために何が必要ですか?」と問われこともありますが、私は以下の3つの基本要素が必要だと思います:1) 試験に対する自らの準備度合い、2) 実力、3)心理的な要素(モチベーションなど)が合致した時こそ、出願準備プロセスで訪れる決定的な局面(例:絶対にスコアアップが必要な場合)を乗り越えられると思います。まさに、「勝負力」と言っても過言ではないと思います。

合格体験談

こちらの受講生は、「努力」+「計画」+「調査」+「行動」、そして「実行」と、MBA受験に向けてやるべきことを着実にこなされていったことが、ご本人にとって最良の結果へつながりました。

1、概要
留学ガイダンス・プログラムを、佐取先生のエッセイカウンセリングという形で活用しました。純ドメで英語でのコミュニケーションにやや不安感があり、満足できるエッセイを仕上げるには日本語でのディスカッションが必要と考えたことから、佐取先生と外国人の2名をエッセイカウンセラーとしました。

2、受講理由
2016年3月頃から、その頃はIELTS・GMAT学習に専念していましたが、エッセイカウンセラーの選定を意識し、HPや会社のMBA取得者の報告書等で情報収集を始めました。佐取先生は、前年にカウンセリングを受けた、同じ会社の先輩に紹介してもらいました。2016年5月にJohn Couke氏との合同セミナーに参加しましたが、この時点ではIELTS・GMAT学習中だったため、参加して雰囲気を知った程度でした。GMATが終了した6月から本格的に検討を開始し、佐取先生と面談をさせて頂き、親身な対応が信頼できたこと、志望校のCambridge Judge Business Schoolの実績があること、外国人カウンセラーと協働してカウンセリングをされた経験があること、からカウンセリングを申し込みました。

3、受講内容(エッセイ)
当初の2回ほどで、CVと日本語によるエッセイのネタ出しを行い、以降は志望校だったCambridge Judge Business Schoolのエッセイを書き進めました。まずCareer Goalエッセイに十分時間を割いて仕上げてから、他のエッセイに進みました。思い返すと、当初は勘所が分かっておらず、エッセイも話が拡散した上に具体性に乏しく、ご指導も大変だったと思いますが、親切に見て頂きました。アイディアやロジックといった構成面、具体的な英語表現の両面でサポートして頂きました。遅い時間のカウンセリングをお願いしたり(結局24時過ぎまでご対応頂きました)、業務時間外でも何度もメールで対応頂いたりと、柔軟にご対応頂きました。佐取先生と英語でエッセイを作成してから、外国人カウンセラーに移りましたが、佐取先生との議論のおかげで消化不良感なく進めることができました。反省点は、何をどう書くかは、自分が決めることである、という意識が当初はやや乏しかったことです。しっかりとストーリー・具体例やアピールしたい点をしっかり考えないと、中身の濃いカウンセリングとなりません。先生からのストーリー案の提示を期待する等、当初はやや受動的だったように思います。

4、受講内容(推薦状)
エッセイと同様に、佐取先生と作成してから、外国人カウンセラーによるチェックを受けました。佐取先生と徹底的に準備したため、外国人カウンセラーからは若干の英文修正があった程度でした。Cambridgeは推薦状1通で、当初は自分で英文を作成して推薦者にチェックしてもらおうと考えていましたが、後述する通り、2nd Roundから1st Roundでの出願に切り替えたため時間がなく、佐取先生からアドバイスを受けて、MBAホルダーの推薦者に英文の作成を依頼しました。但し、推薦者への依頼に際しては、推薦状で評価してもらいたい点や具体的なエピソードについて、日本語でワード4~5頁ほどで纏めた資料を、佐取先生に何度も修正してもらった上で、推薦者に渡しました。推薦者が英語で作成した原稿を、佐取先生に修正頂き、外国人カウンセラーのチェックを受けてから、推薦者に確認してもらいました。Cambridgeは1通のみでしたが、エッセイ並か、推薦者への依頼等を考えるとエッセイ以上に負担感がありましたが、おかげで素晴らしい推薦状を作成頂きました。

5、その他
佐取先生からCambridgeのアラムナイと在校生を紹介頂きました。皆さま親身に対応して下さり、面接前にもメールで質問をさせて頂く等、とてもお世話になりました。在校生の方には、面接で渡英した時にもお会いでき、おかげでリラックスして面接に臨むことができました。
出願時期について、7月時点では、GMATは終了していましたが、IELTSが7.0(Cambridgeの公式要件は7.5)だったことから、7.5に伸ばした上で10-11月の2nd Roundで、Cambridge/Oxford/INSEADの3校に出願するつもりでした。しかし、佐取先生から、エッセイの仕上がり等の状況を踏まえて、第一志望のCambridgeに関しては、IELTS7.0だったとしても、9月の1st Roundで出願することを勧められました(結局IELTS7.0で出願しました)。終わって見れば、Cambridgeのみ出願して合格、という結果となりましたので、大変感謝しています。なお、合格前は意識していませんでしたが、Cambridge(とOxford)は所属するカレッジを選択するプロセスがあり、早いRoundの方が空き枠が多いことから、カレッジ選択という点でも1st出願はメリットがありました。

ウェイトリスト用ガイドライン : UCLA Anderson School

Anderson Schoolへの1st Roundアプリカントに対するWaillist guidelineが発表されました。2nd Rdアプリカントは、Invitation letterを受信し始めた頃ではありますが、今後は自分の身にも(そうした通知内容が)降りかかる可能性も考慮した上で下記の文面を一読しておきましょう。
http://mbablogs.anderson.ucla.edu/mba_admissions/2017/01/ucla-anderson-application-insider-waitlist-guidlelines.html

  • If your application status indicates you have been placed on our waitlist, your name will remain on the waitlist until a final decision is made on your application or until you request your application be withdrawn.
  • Waitlisted candidates (excluding those who withdraw) will be reconsidered for admission in subsequent rounds.
  • Round 1 applicants will receive an update on their application status by the Round 2 decision deadline of March 29, 2017. Some candidates may be offered the option of remaining on the waitlist for consideration in Round 3.
  • Remaining Round 1 and Round 2 waitlist candidates will receive an update on their application status by the Round 3 decision deadline of May 24, 2017.
  • We cannot give individual feedback to waitlisted applicants.
  • Chances of being admitted off the waitlist are difficult to predict since the number of students admitted from the waitlist varies from year to year depending on the size/strength of the admit pool, number of admits who enroll, and other factors.
  • Waitlisted candidates may send in updates to their application to wlmgr@anderson.ucla.edu. This is completely optional and only for currently waitlisted applicants.
    • We ask that you use your personal judgment and discretion in submitting additional information that is relevant to your application. Some examples include (but are not limited to): updated GMAT/GRE/TOEFL scores, promotions at work, and recent extracurricular accomplishments.
    • Before submitting additional information to the waitlist manager, remember.
    • Every interaction we have with you moving forward can be a data point on your file, so make sure they are meaningful and value-added.
    • Quality of information and communication is more important than quantity.

If you are on the waitlist and have any additional questions, please e-mail wlmgr@anderson.ucla.edu.  For all others, send questions to mba.admissions@anderson.ucla.edu.

3rd Round

テストスコアや出願書類の進捗状況と向き合いつつ、3月から4月にかけての3rd Roundに向けた準備に余念がない出願者もいらっしゃると思います。そうした受験生に対して伝えていることは、「1stや2nd Rdで出願できなかったことを後悔するよりも、この3rd Rdに向けた最大限の準備にて臨むこと」です。

下記のAdmissions Blog (UCLA Anderson School)では、各ラウンド(1stから3rdまで)に関する独自の考察を紹介しております。
http://mbablogs.anderson.ucla.edu/mba_admissions/2016/09/ucla-anderson-application-insider-what-round-to-apply-in.html

APPLYING ROUND 3
Pros
:Perhaps the biggest benefit in applying in Round 3 is that you have the most time to enhance your application profile — the additional time may allow you to get a promotion at work, take on a new project, and/or get involved in more leadership activities, for example. With more time to self-reflect on your goals, the application, and the essay question, applying in Round 3 may give you the advantage of giving you the most amount of time to put together the highest quality application possible for you. If you applied to other programs in earlier rounds, you will likely also be equipped with acceptance information from those schools. You will also have ample time to take (and potentially re-take) the GMAT/GRE and/or TOEFL/IELTS exams.

Cons: Since our class size is capped, fewer applicants are historically admitted in the last round simply due to the availability of spots in the class.  This makes this round the most competitive out of all. While you can still be placed on our waitlist, there are still likely many other individuals from earlier Rounds on our waitlist that you’ll be still compared against.

合格の可能性、確率等、自らの状況を数値化してしまいがちですが、自らがコントロールできること(テストスコアの改善及び出願書類の質の向上、面接対策等)に注力し、合格を勝ち取ってください。

Thank-you Letter

2017年1月も後半へと突入する中で、2nd Rd出願者の間ではInterview Invitationを受領された方々も多いのではないでしょうか?そして当のInterviewが終わりましたらそれにて”終了”と解釈することなく、以下にご案内するThank-you letterをアドミッション・オフィスへ送ることも忘れないでください。このletterを送信し終えたところで、Interviewは終了です。

下記サイトではThank-you letterの書き方が掲載されていますのでご紹介します。http://www.topmba.com/admissions/mba-interview-thank-you-letter

  • Start with reflecting upon what happened during the interview. Go over your notes. Recall anything that made a good impression on you, so you can mention one memorable part of your conversation in your MBA interview thank-you letter. One of the best ways to do this is to go over the questions you asked the reviewer, since the things you asked about are probably the things you are most excited about.
  • Begin your letter by thanking the interviewer. Americans in particular prefer this more direct communication style. Avoid starting your thank-you statement with “I” (as in “I would just like to thank you…”), since that could make the letter seem that it’s more about you than the interviewer.
  • Mention why you enjoyed your conversation with the interviewer. This is the part where your notes and memories of the interview will come in handy. Do not send the same cookie-cutter thank-you letter to all interviewers.
  • Incorporate your accomplishments into the note. This needs to be done in a subtle way, such as through your writing style. Make sure the accomplishments you choose to emphasize are consistent with those you’ve been highlighting throughout the admissions process.
  • Close your MBA interview thank-you letter with a statement about how much you excited you are at the prospect of attending that business school.

 

【告知協力】Coffee chat for INSEAD applicants (2017/1/2)

INSEAD関連イベントのご案内が届きました。
=========================================
INSEAD受験をお考えの皆様

1月2日に現役生とのコーヒーセッションを開催致します。当日は現役生が学校生活やカリキュラムの内容に関して皆様の疑問にできるだけお答え致します。

ご希望の方は以下のフォームにご記入ください。詳細は頂いたメールアドレス宛に送らせて頂きます。

日時:2017年1月2日(月)14:00-15:00
場所:都内某所(新宿近郊を予定)※会場詳細は申込者のメールアドレスに後日ご連絡します。東京近郊以外にお住まいの方に限り、Skype参加も可能です。
費用:会場代とドリンク代を回収させていただきます
申込〆切:2016年12月30日(金)

調整に時間がかかり直前のご案内となりましたが、当日は皆様とお会いできることを楽しみにしております!
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeemVERblWmYpcgGo8VbC7dOpvjDzIk_W0LZ7_UREmiLSmVJA/viewform?c=0&w=1

 

 

MBA Career Design Seminar 2016 [株式会社アクシアム共催]

昨年に続き、株式会社アクシアム様と共催でMBA Career Design Seminar 2016を下記の日時で開催させていただくことなりました。

【日程】2016年9月3日(土)10:30-12:30(開場10:15)

ご希望の方は、是非この機会を今後のキャリア開発に向けた一助としていただければ幸いです。
ご参加希望の方は、こちらのurlよりご予約をお願い致します。
http://www.affinity-english.com/event/axiom/form.html

【セミナー概要】

現在、MBA求人市場は大変な活況を呈しています。弊社アクシアムに寄せられるMBA求人も過去最多となりました。積極的で自発的な海外MBA留学生の中 には、この好機を上手く活かし、期待以上の恵まれたキャリアチャンスを手にされた方も多く見受けられます。中には、これまで難しかった海外での新しいチャ ンスを得た方までいらっしゃいました。

MBA留学を目指されている方には好機といえるマーケット状況ですが、MBAのキャリア形成で大切なことは、需要の拡大を活かしつつもそれに甘んじること なく、世界経済の潮流や枠組みの中でPost MBA市場の動向を大局的にとらえ、己心(こしん)に従ったビジョンを見つけ創造すること。そのためにもMBA卒業時のキャリア選択は極めて重要です。留 学の目的は単なる『就職』や会社を移る『転職』ではなく、『キャリアディベロップメント』のはずです。

本セミナーでは、20年以上にわたりの5300名以上の海外MBAホルダーのキャリア開発を支援してきたアクシアム代表・キャリアコンサルタントの渡邊光 章が講演。MBA後のキャリアの選択肢、その広がりについてご案内し、MBA留学をご準備中の皆さんのキャリア構築を、出願前の準備段階からサポートさせ ていただきます。アクシアムの過去のご相談者からは、既に経営者あるいはビジネスリーダーとして数多くの方が活躍。そのような方々のキャリアの道のり、 キャリア形成のポイントなども解説いたします。

 

【学校説明会】2016 年度 Wharton MBA 説明会

2016 年度 Wharton MBA 説明会 9/12開催

2016年度ペンシルバニア大学ウォートン・スクールMBA説明会を下記の通り開催致します。貴重な機会ですのでぜひ受験生の皆様のご参加をお待ち致しております。

Get to know us, so we can get to know you at this alumni-led information session. Invest in yourself, both personally and professionally. Learn how to succeed within Wharton’s diverse classroom and vibrant community, and hear insider perspectives on Wharton’s culture and application process. Join the Wharton Alumni Association of Japan for an in-depth look into all that Wharton has to offer.

日時: 2016 年 9 月 12 日(月曜日) 午後 7 時―9 時
場所:〒100-0004
千代田区大手町 1-9-2 大手町ファイナンシャルシティグランキューブ Global Business Hub Tokyo
3 階 Field

学校側参加者(予定):
l Frank DeVecchis, Director of MBA Admissions
l Shannon Connelly, Director of External Engagement, MBA Admissions & Financial Aid
l Mike Hugel, Senior Director, International Relations

内容:
l Wharton MBA program and curriculum
l MBA Admission process, policy, and decision criteria

費用:無料
予約方法:以下の Wharton School HP より申込みください。
https://mba.wharton.upenn.edu/events/category/admissions-events-international/

問合せ先:
Wharton School 東京事務所オフィスマネージャー島貫
電話:03-4243-7241
minako_shimanuki@wharton.upenn.edu